光回線

光回線で有線LANを使うためのポイントを全解説!Wi-Fiとの比較や速度が遅い原因は?

光回線を使うにあたって、有線LANでの接続を考えている人も多いのではないでしょうか。

有線LANは、安定した接続で、高い速度を維持しやすいのが特徴です。

とくにオンラインゲームや高画質での動画視聴など、データ量の大きい通信では有線LANでの接続が最適です。

泊木所長
この記事では「これから光回線で有線LANを使いたい」と考えている方に向けて、以下のポイントを解説します。
  • 「有線LAN」と「Wi-Fi」の比較
  • LANケーブルの選び方
  • 有線LANで光回線が遅い時の原因・対処法

もっと便利に有線LANを活用するためのポイントを見ていきましょう。

「有線LAN」と「Wi-Fi」を比較|光回線で使うならどっち?

光回線を使うときに「有線LANにするか、Wi-Fiにするか」で迷っている方も多いと思います。

通信速度にこだわるなら「有線LAN」がおすすめですが、場所を選ばずに気軽に通信したいなら「Wi-Fi」が便利です。

泊木所長
「有線LAN」と「Wi-Fi」のそれぞれのメリットを見ていきましょう。

有線LANのメリット:通信速度が出やすい

有線LANのメリットは通信速度が出やすいことです。

ケーブルを用意して配線をする手間や、ケーブルが少し邪魔になるのはデメリットですが、最大通信速度に近い数値が出やすいのはやはり有線LANならではのメリットと言えます。

とくに「オンラインゲームをプレイしたい」「動画を高画質で視聴したい」などデータ量の多い通信を考えているのであれば、有線LANでパソコンと接続するのがおすすめです。

有線LAN接続イメージ

画像出典:ELECOM 公式サイト

Wi-Fiのメリット:場所を選ばずに使える

Wi-Fi(無線LAN)のメリットは、場所を選ばずに使えることです。

Wi-Fiなら家中でパソコン、スマホ、タブレットが利用できます。ケーブルレスでネットに接続できるのはやはり便利です。

また、同時接続できる台数が多いのも有線LANにないメリットです。

有線LANも複数のLANポートで接続できますが、無線LANならルーターによっては10台以上の同時接続が可能です。

「場所を選ばずに家中でネットを使いたい」「たくさんの端末で同時接続したい」といった場合は、Wi-Fi接続がおすすめですね。

無線LAN(Wi-Fi)接続イメージ

画像出典:IODATA 公式サイト

LANケーブルの選び方

「有線LANに切り替えたい」となると、必要になるのがLANケーブルです。

LANケーブルには「カテゴリ」「素材」によっていくつか種類があり、必要なスペックや使う環境で最適なものが変わってきます。

通信環境に合ったLANケーブルを選んでいきたいところです。

泊木所長
LANケーブルを選びでのポイントは以下の2つ。

LANケーブル選びのポイント

  • ポイント①:通信速度
    必要な速度が出る規格を選ぶ。CAT6aがおすすめ。
  • ポイント②:ケーブルの素材・形状
    使用環境に合う種類を選ぶ。基本はUTPケーブル。

それぞれ見ていきましょう。

ポイント①:通信速度

まずはケーブルごとの通信速度に注目しましょう。

LANケーブルには「カテゴリ」と呼ばれる規格があり、規格ごとに通信速度・周波数が異なります。

数字が大きいカテゴリほど高速・高周波数の通信に対応します。

LANケーブルのカテゴリ

  • CAT8(通信速度40Gbps・周波数2GHzに対応)
  • CAT7(通信速度10Gbps、周波数600MHzに対応)
  • CAT6a(通信速度10Gbps・周波数500MHzに対応)
  • CAT6(通信速度1Gbps・周波数250MHzに対応)

現在の最新規格はCAT8までありますが、40Gbpsの通信速度に対応した機器が必要で、基本的には業務用となります。

家庭用で使うならCAT6aあたりがおすすめです。

CAT6aなら各メーカーから製品が出ているので、選べる種類も豊富です。速度も最大10Gbps対応で、スペックとしても不満なく使えます。

ポイント②:ケーブルの素材・形状

ケーブル自体の素材・形状もチェックポイントです。

LANケーブルの素材・形状の主な種類は以下。

LANケーブルの素材・形状の種類

UTPケーブル:多くの家庭用ケーブルで使われる種類。シールドなしの構造。

フラットケーブル:ケーブル部分がフラットで踏みつけに強い。カーペット下などの隙間を通すのに最適。

STPケーブル:シールドで保護されていてノイズに強い。ネットワークが混線する環境に最適。

2重シールドケーブル:2重のシールドでSTPケーブルよりさらにノイズに強い。

家庭用の製品で選ぶとなると、多くは「UTPケーブル」になります。シーンによってはフラットケーブルも選択肢になるでしょう。

STPケーブルや2重シールドケーブルは研究所や工場などノイズ対策が必要なシーンで使われることの多いケーブルになります。

有線LANで光回線が遅い時の原因・対処法

「光回線で有線LANを使っているのに速度が出ない」と悩んでいる方も中にはいるかと思います。

有線LANで接続しても、「ルーターの不調」「機器が古すぎる」などが原因で快適な速度ができない場合があります。

泊木所長
有線LANで速度が出ない原因として多いのが以下の3つです。

有線LANで光回線が遅い時の原因

  • ルーターが熱で正常に動作していない
  • ルーター・ケーブルが古い
  • 契約している光回線が遅い

それぞれの原因の詳細と、対処法を見ていきましょう。

ルーターが熱で正常に動作していない

「速度がいつもより遅い」と感じたら、ルーターが熱くなり、正常に動作していないケースがよくあります。

とくに夏場に気温が上がると起こりやすいトラブルです。

熱が原因と考えられる場合には、ルーターの電源を落として、しばらく時間をおいてから再度起動します。

ルーターの再起動自体も、機器をリセットして不具合を解消する有効な方法なので、これで速度低下が解消される可能性もあります。

いつもの速度が出ないと感じたら、一度電源を落として時間をおいて起動する方法を試してみましょう。

ルーター・ケーブルが古い

3~5年など長い期間ルーターの交換をしていない場合には、ルーターが古くてスペック不足の可能性もあります。

たとえば、最大速度1Gbpsの光回線を契約していても、ルーターが500Mbpsまでしか対応していないとなると、500Mbps以上の速度は出ません。

また、ルーターだけでなく、LANケーブルも対応できる通信速度が決まっています。

通信規格が古く、対応できる速度が足りていない場合には、ケーブルの買い替えも必要です。

高速通信できる光回線を契約しているなら、それに見合うスペックのルーター・ケーブルへの買い替え・交換を検討しましょう。

契約している光回線が遅い

「いつも回線が遅い」という場合は、契約している光回線が自宅のエリアで速度が出にくい可能性があります。

光回線自体の乗り換えも検討したいところです。

契約している光回線ごとに、実際に通信した時の速度はかなり異なります。

通信速度が満足に出ないプロバイダと契約しているなら、乗り換えの手間を惜しんで不便なまま使い続けるよりは、思い切って乗り換えするのがおすすめです。

通信が速い光回線として代表的なのがNURO光です。

最大2Gbpsの通信速度で、多くの光回線の2倍の速度を実現しています。高額のキャッシュバック、工事費が実質0円などのキャンペーンもあり、負担額もかなり抑えられます。

通信速度で悩んでいる方はこのあたりの光回線への乗り換えを検討してみると良いでしょう。

まとめ

有線LANはケーブルがかさばるのはデメリットですが、安定して高い通信速度が出やすいのはWi-Fiと比較して大きなメリットです。

これから有線LANで使うケーブルを選ぶならポイントは以下の2点です。

LANケーブル選びのポイント

  • ポイント①:通信速度
    必要な速度が出る規格を選ぶ。CAT6aがおすすめ。
  • ポイント②:ケーブルの素材・形状
    使用環境に合う種類を選ぶ。基本はUTPケーブル。

光回線が遅い時の原因としては主に以下の3つが挙げられます。

有線LANで光回線が遅い原因

  • ルーターが熱で正常に動作していない
  • ルーター・ケーブルが古い
  • 契約している光回線が遅い

ルーターの熱が原因なら再起動、ルーター・ケーブルが古いなら買い替え、契約している光回線が遅い場合は乗り換えを検討すべきです。

泊木所長
ぜひポイントを押さえて、Wi-Fiと合わせて上手く有線LANを利用していきましょう。

人気記事光回線のPing値を改善する3つの方法!測定方法も合わせて解説

\ 当サイトおすすめ光回線 /

NURO光

NURO光

NURO光は、北海道・関東・東海・関西・九州の一部地域限定ではありますが、安価な料金で最大2〜10Gbpsの高速通信を提供しているプロバイダーです。

物理的な光ファイバーはNTTからサービス卸を受け(ダークファイバーと言います)、ソニーネットワークコミュニケーションズが独自のブランディングで運営しています。

コスト面や通信品質面を見ても、サービス提供エリア内であれば、最初に検討したい事業者です。

auひかり

auひかりは、KDDIが独自に構築している回線網と各地域の電力系通信事業者の回線を利用しています。

安定した高速通信が可能で、サービス提供エリアも広いです。

代理店経由のお申し込みで、高額キャッシュバックがもらえる事もおすすめのポイントです。

NTT回線が提供エリア外の場合でも、auひかりなら利用できる可能性があります。

まずは提供エリア検索をしてみましょう。

ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

ドコモ光は、NTTのフレッツ回線をメインで使用したプロバイダとセットのサービスです。(光コラボと言います)

光コラボは、別料金になっている事が多いプロバイダー料金がセットになっているため、比較的安価なことが特徴です。

NTTのフレッツを利用している方は、設備そのままで乗り換え可能なので、毎月の通信費削減にもなります。

スマホがdocomoの方はスマホ料金が割引になります。

  • この記事を書いた人

ネット回線のリアル 編集部

無線・有線問わず、安くて速い最強のネット回線を選ぶためのリアルな情報を発信しています。編集長は、この道10年以上の現役通信技術者です。 当サイトに関する詳細情報はこちらのページをご覧ください。

-光回線

© 2021 ネット回線のリアル