契約のヒント

光回線の乗り換えで電話番号は引き継げる?引継ぎ方法・注意点を解説

光回線の乗り換えで電話番号は引き継げる?引継ぎ方法・注意点を解説

「光電話を契約しているけど、光回線の乗り換えで電話番号は引き継げるの?」と疑問の方も多いのでは。

結論、光電話の番号は、NTT加入電話で元々取得したものなら引き継ぎ可、光回線で取得した番号は引き継ぎ不可となります。

自分の番号が元々どこで取得した番号かで引き継ぎの可否が決まってくることになります。

本記事では、

  • 自分の光電話の電話番号が引き継げるのか
  • 電話番号はどうやって引き継げばよいのか

などの気になるポイントについて解説します。

泊木所長
光回線の乗り換えに伴う電話番号の引継ぎでお悩みの方はぜひ目を通してみてくださいね。

光回線の乗り換えで電話番号が引き継げるケース

光回線の乗り換えで電話番号が引き継げるケース

光回線の乗り換え後に、光電話の番号が引継ぎできるかは、元々どこで電話番号を取得したかで決まります。

電話番号の取得方法としては、

  • NTT加入電話で電話番号を取得する
  • 光回線で電話番号を取得する

の2種類があります。

乗り換え後の、電話番号の引継ぎの可否については、

  • NTT加入電話で取得した電話番号 ⇒ 引き継ぎ可能
  • 光回線で取得した電話番号 ⇒ 引き継ぎ不可

となります。

泊木所長
どんなサービスに何回乗り換えたかに関わらず、どこで取得した番号なのかで引き継ぎの可否が決まるわけです。

電話番号ができる・できないの具体例

たとえば、NTT加入電話でもともと電話番号を取得していて、「auひかり⇒ドコモ光」の乗り換えをする場合には、電話番号の引継ぎが可能です。

一方、auひかりで電話番号を取得していて、「auひかり⇒ドコモ光」の乗り換えをする場合は、電話番号の引継ぎが不可となります。

あくまで、NTT加入電話でもともと電話番号を取得しているか否か(=電話加入権を持っているか)で決まってきます。

また、ADSLから光回線への乗り換えも、基本的には電話番号が引き継ぎできます。

ADSLで利用する固定電話は電話加入権が必要なアナログ回線のため、こちらも電話番号が引き継ぎできるわけです。

光電話で電話番号を引き継ぐには「アナログ戻し」が必要

光電話で電話番号を引き継ぐには「アナログ戻し」が必要

光電話で使っている電話番号を引き継ぐためには、NTTの加入電話に再加入が必要となります。

いわゆる「アナログ戻し」などと呼ばれる手続きです。

アナログ戻しの手順は以下の通り。

  • NTTに加入電話に戻す旨を連絡
  • 工事日程の調整をする
  • 電話回線の工事(アナログ回線が使えるようになる)
泊木所長
手順を詳しく見ていきましょう。

まずはNTTに加入電話に戻す連絡を入れる

まずは光電話をNTT加入電話に戻す旨を、NTTに連絡します。

NTT東日本、NTT西日本の各問い合わせ窓口は以下の通り。

NTT東日本の問い合わせ窓口

固定電話から:局番なしの「116」
携帯電話から:0120-116000

受付時間:午前9時~午後5時
土日・祝日も営業 (年末年始を除く)

NTT西日本の問い合わせ窓口

固定電話から:局番なしの「116」
携帯電話から:0800-2000116

受付時間:午前9時~午後5時
土日・祝日も営業 (年末年始を除く)

工事をして「アナログ戻し」が完了

申し込みをすると、後日にNTTの担当者から連絡があり、工事日程の調整や工事費用の確認があります。

当日の工事が完了すると、アナログ回線として電話が使えるようになります。

あとは光回線の乗り換えの手続きを進めていけばOKです。

【費用】2,000~10,000円ほどの費用が必要

工事のためには費用が必要となります。

自宅にアナログ回線が残っていて、NTTの局舎での交換機の工事のみを行う「無派遣工事」の場合は2,000円ほどの工事費用で済みます。

一方で、回線の状態が悪いなどで新しく回線を引き込む必要があり、派遣工事となる場合には10,000円ほどの工事費が発生することになります。

光コラボ間で電話番号の引継ぎが可能に

光コラボ間で電話番号の引継ぎが可能に

2019年9月から光コラボ間で工事不要で簡単に乗り換えができる「事業者変更」の制度がスタートしています。

事業者変更を利用すると、光コラボ間であれば、アナログ戻しの手続きなしに光回線の乗り換えが可能です。

乗り換え自体も工事不要で短期間で完了できます。乗り換え中にネットが利用できない期間がないこともメリットです。

事業者変更を利用した乗り換え方法

まずは今契約している光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を発行してもらいます。

契約者本人が事業者に連絡して、番号発行の手続きをします。番号発行のためには約3,000円の事務手数料が必要です。

なお、発行手続きの詳細は事業者ごとに異なります。事前に手続き内容を確認しましょう。

事業者変更承諾番号の有効期間は15日間です。

失効すると再発行が必要となるので、発行後は早めに乗り換え先の光コラボへ申し込みを進めていきましょう。

乗り換え先の事業者に「変更承諾番号」を伝えて、申し込み手続きを完了すれば、無事に乗り換えは完了です。

光回線で電話番号を引き継ぐ際の注意点

光回線で電話番号を引き継ぐ際の注意点

光回線で電話番号を引き継ぐことを考えているなら、事前にチェックしておきたい注意点がいくつかあります。

光回線で電話番号を引き継ぐ際の注意点

  • 引っ越しでは番号が引き継ぎできないことも多い
  • NTT東日本では休止期間10年で加入権がなくなる
泊木所長
注意点をそれぞれ確認していきましょう。

引っ越しでは番号が引き継ぎできないことも多い

引っ越しに伴う光回線の乗り換えでは、NTT加入電話で取得した電話番号であっても、電話番号は引き継ぎできないことが多いです。

電話番号は、市内局番+市外局番+加入者番号で構成されていますが、この番号は地域ごとに異なります。

そのため、異なる市区町村への引っ越しとなると電話番号が変更となります。

また同一市区町村内での引っ越しでも、収容局が異なる場合などは電話番号が変更となる場合があります。

NTT加入電話で、引っ越しに伴い電話番号が変更になるかについては、局番なしの「116」から確認できます。

NTT東日本では休止期間10年で加入権がなくなる

NTT東日本では、電話加入権は10年間休止期間があると、解除されてしまいます。

なお、休止工事日(または利用休止期間延長の手続き日)から10年間、お客様より上記のお申し出がない場合は、誠に申し訳ございませんが、加入電話契約(電話加入権等)は解約されたものとして取り扱わせていただきます。

出典:NTT東日本公式ホームページ

光電話への切り替えに伴い、加入権を休止させた場合にはこの点は注意しましょう。

ちなみに、西日本では番号を休止させてから何年経っても加入権がなくなることはありません。

まとめ

光回線の電話番号の引継ぎについて解説をしました。

泊木所長
電話番号の引継ぎの可否はあらためて以下の通りです。

まとめ

  • NTT加入電話で取得した電話番号 ⇒ 引き継ぎ可能
  • 光回線で取得した電話番号 ⇒ 引き継ぎ不可

NTTの電話加入権がある番号なのかで、引継ぎできるかが決まります。

そのほか光電話で使っている電話番号を引き継ぐためには、アナログ戻しの手続きが必要です。

ただし2019年7月以降では、光コラボ間なら事業者変更で乗り換えすることで、アナログ戻しをすることなく電話番号の引継ぎが可能となっています。

なお、異なる市区町村への引っ越しとなると電話番号が変わることになります。引っ越しに伴う光回線の乗り換えの場合は、この点は注意して下さい。

泊木所長
ぜひ参考に、電話番号を引き継いでの光回線の乗り換え手続きを進めてみてください。

人気記事光回線は即日開通できる?インターネットを即日使える方法を紹介

\ 当サイトおすすめ光回線 /

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、NTT回線を使用した光コラボ回線です。

大きな特徴は、申し込みから開通までの期間が光回線の中で最も早く開通までのネットが使用できない期間にポケットWi-Fiの貸し出しサービスがあります。

ソフトバンクのスマホ利用者は割引があるため、コスト面や通信品質面を見ても、最初に検討したい事業者です。

auひかり

auひかりは、KDDIが独自に構築している回線網と各地域の電力系通信事業者の回線を利用しています。

安定した高速通信が可能で、サービス提供エリアも広いです。

代理店経由のお申し込みで、高額キャッシュバックがもらえる事もおすすめのポイントです。

NTT回線が提供エリア外の場合でも、auひかりなら利用できる可能性があります。

まずは提供エリア検索をしてみましょう。

ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

ドコモ光は、NTTのフレッツ回線をメインで使用したプロバイダとセットのサービスです。(光コラボと言います)

光コラボは、別料金になっている事が多いプロバイダー料金がセットになっているため、比較的安価なことが特徴です。

NTTのフレッツを利用している方は、設備そのままで乗り換え可能なので、毎月の通信費削減にもなります。

スマホがdocomoの方はスマホ料金が割引になります。

  • この記事を書いた人

ネット回線のリアル 編集部

無線・有線問わず、安くて速い最強のネット回線を選ぶためのリアルな情報を発信しています。編集長は、この道10年以上の現役通信技術者です。 当サイトに関する詳細情報は運営者情報のページをご覧ください。

-契約のヒント