契約のヒント

最短で開通できる光回線サービスを紹介!早くネットを使うための代替手段も紹介

最短で開通できる光回線サービスを紹介!早くネットを使うための代替手段も紹介

「早くネットが使いたい!」ということで、最短で開通できる光回線を探している方も多いのでは。

光回線は契約するサービスごとに、開通までの期間はかなり差があります。

開通を急ぐなら「どのサービスが開通が早いのか」「開通までどれくらいかかるのか」などはチェックしておきたいポイントです。

本記事では、

  • 最短で開通できる光回線サービス
  • 光回線の開通までの期間
  • 早くネットを使うための代替手段

などを詳しく解説します。

泊木所長
光回線の開通には1カ月以上かかるのが普通ですが、サービスによっては1~2週間ほどで開通できるところもあります。

どのサービスが狙い目か確認していきましょう。

光回線の開通には時間がかかる!最短でも2週間~1か月ほど

光回線の開通には時間がかかる!最短でも2週間~1か月ほど

光回線の申し込みから開通までには、最短でも2週間~1か月ほどの期間がかかります。

開通のためには基本的に回線工事が必要です。

予約が取れる日程が少し先になるので、諸々の手続きを含めると早くて2週間~1カ月、場合によっては2ヶ月以上といった期間が必要となります。

泊木所長
開通を急ぐ場合もそれなりの期間を覚悟する必要はあります。

混雑する時期やタイミングについても見ていきましょう。

申し込みが混雑するのは3月と4月

3月・4月の新生活の始まるシーズンは、光回線の申し込みが殺到する時期です。開通までの期間もかなり長くなります。

この時期に申込むとなると、開通までに2カ月以上の期間も見込んでおく必要があります。

可能であれば少し前の時期に申し込みも考えたいところです。

土日の工事予約は混み合う

光回線の工事は、土日・祝日も受け付けていますが、予約は混み合います。

平日の予約に比べ、予約が取れる日程はかなり先になりそうです。

また土日・祝日に予約すると、基本的には3,000円の追加料金がかかります。

工事を急ぐ場合は、平日に有休をとるなど少し工夫が必要になるでしょう。

開通が最短の光回線は「ソフトバンク光」

最短での開通を狙うなら「ソフトバンク光」がおすすめ。

申し込みから開通までの期間がとくに短いと言われている光回線です。

戸建てもマンションも、混雑シーズンでなければ、多くの場合、申し込みから1週間~10日程度で開通が可能です。

ソフトバンク光は、月額料金としては最安クラスではありませんが、割引とキャンペーンは充実しています。

とくにソフトバンクユーザーなら家族全員のスマホ代が1,000円割引になる「おうち割 光セット」が利用できます。(メリハリプラン・ミニフィットプランが対象となります。)

また2万円を超えるような高額キャッシュバックも随時実施しています。キャンペーンにも注目するとお得に契約が可能です。

泊木所長
最短での開通を狙うなら、ソフトバンク光が最有力の選択肢になるでしょう。

参考:ソフトバンク光 公式サイト

「ドコモ光」も開通が早め

そのほかではドコモ光も「開通が早い」という声が多い光回線です。

開通日が確定してから、多くの場合、2週間ほど回線の利用を開始できます。

こちらもソフトバンク光と同様にドコモの携帯とのセット割引として「ドコモ光セット割」があります。家族全員のスマホ代が最大1,000円ずつ割引です。

泊木所長
光回線の開通を急いでいて、なおかつドコモユーザーである方は、ドコモ光も注目ですね。
ドコモ光の口コミ・評判と契約前に知っておきたい特徴を徹底解説!

続きを見る

早くネットが必要ならほかの方法も検討

早くネットが必要ならほかの方法も検討

「今すぐネットを使いたい!」と考えているなら、光回線以外の方法も考えてみたいところ。

例えば「ホームルーター」なら、申し込みから数日~1週間で端末が届き、その日からネットが使えます。

そのほかパソコンでネットが使いたい場合には、スマホのテザリングを使う方法もあります。

泊木所長
光回線の代替となるのは主に以下の3つです。
  • ホームルーター
  • ポケットWi-Fi
  • スマホのテザリング

それぞれ見ていきましょう。

「ホームルーター」なら数日でネットが使える

画像出典:UQコミュニケーションズ

モバイル回線を利用したホームルーターなら、申し込みから数日~1週間ほどで端末が届き、工事不要で届いたその日からネットが使えます。

使い方もコンセントに挿すだけと非常にシンプルです。

光回線ほど通信速度は出ませんが、データ通信量の多いオンラインゲームをガンガンプレイする人を除いては、基本的には大きく不便を感じることはないはずです。

すぐネットを使いたい人は、まずはホームルーターの利用を考えてみると良いでしょう。

「ポケットWi-Fi」もすぐ使える、持ち運びできるのが便利

画像出典:UQコミュニケーションズ

「ポケットWi-Fi」もホームルーターと同様にモバイル回線を利用したもので、申し込みから数日~1週間でネットの利用を開始できます。

こちらも工事不要で、端末をONにしてすぐ使えるのが大きな魅力です。

また、光回線にないメリットとして「持ち運びができる」という点があります。

出先のカフェでパソコンを使ったりなど、便利な使い方が可能です。

スマホもなるべくポケットWi-Fiで通信すれば、携帯電話の料金プランも安いプランで足りるので、結果的に通信費が節約にも繋がります。

ホームルーターの利用を考えている人は、ポケットWi-Fiも合わせて検討してみると良いでしょう。

ちなみにWiMAXのプロバイダはかなり数がありますが、通信速度やエリアは同じです。契約するなら料金の安い「Broad WiMAX」あたりがおすすめですね。

スマホのテザリング機能にも注目

パソコンでネットを使いたいなら、スマホのテザリングを利用する方法もあります。

テザリングはスマホの電波を、パソコンや他のスマホで共有できる機能です。お手持ちのスマホをポケットWi-Fiのように使えます。

スマホの方で大容量のプランを契約していて、かつ家でネットをたくさん使うわけではない人は、テザリングで済ましてしまうのも手ですね。

最短での開通にこだわらずに快適な光回線を選ぶのも方法の一つ

最短での開通にこだわらずに快適な光回線を選ぶのも方法の一つ

長い期間、毎日使うことになる光回線なので、開通までのスピードにこだわりすぎずに、通信速度などのサービスを重視して選ぶのも方法の一つです。

サービスにこだわるなら、たとえばNURO光」はオススメの光回線のひとつです。

NURO光は、最大2Gbpsと他の光回線の2倍の速度で通信が可能です。

工事費実質無料、高額のキャッシュバックなどキャンペーンも強く、実質の負担額もかなり抑えることができます。

泊木所長
光回線を選ぶときは、契約後の快適さも考えて、こうした王道のサービスも選択肢に入れておくのがおすすめですね。

開通まではWiMAXの「SIM単体&解約金1,000円」のプランがおすすめ

光回線の開通を待つまでの期間もどうしても通信手段が必要な場合は、WiMAXの契約解除料1,100円(税込)の新プランを利用する方法があります。

UQ WiMAXの「ギガ放題プラン」の契約解除料は2020年10月より、1,100円(税込)にまで値下げされています。

以前のように解約に伴い、大きな解約金が発生することはなくなっています。

また短い期間での解約となると、端末代も気になるところですが、UQ WiMAXではSIM単体での契約も可能です。

中古でWiMAX端末を用意して、SIM単体で契約すれば、端末を購入する費用も安く抑えられます。(メルカリなどで3,000~5,000円ほどで購入できます。)

少し手間はかかりますが、短い期間でも大きく費用をかけずにWiMAXが利用できるのでぜひ検討してみてください。

まとめ

まとめ

光回線を最短で利用するための方法を解説しました。

まとめ

  • 光回線の開通は早くても2週間~1か月です。
  • 工事の予約を取るために、どうしても少し期間がかかります。
  • ただし「ソフトバンク光」は1週間~10日ほどとスピーディーに開通できることが多いです。
  • 開通を急ぐならソフトバンク光がおすすめです。

それよりももっと早い期間で、すぐにネットが使いたい人は「ホームルーター」や「ポケットWi-FI」などを検討してみると良いでしょう。

そのほか、腰を据えてしっかり質の高いサービスを選ぶのも選択肢の一つ。毎日使うものなので、質にこだわるのも賢い選択です。

泊木所長
ぜひ参考に自分に合った光回線の契約を検討してみてくださいね。

参考光回線は短期契約可能!違約金負担のない会社を紹介します

人気記事光回線は即日開通できる?インターネットを即日使える方法を紹介

\ 当サイトおすすめ光回線 /

NURO光

NURO光

NURO光は、北海道・関東・東海・関西・九州の一部地域限定ではありますが、安価な料金で最大2〜10Gbpsの高速通信を提供しているプロバイダーです。

物理的な光ファイバーはNTTからサービス卸を受け(ダークファイバーと言います)、ソニーネットワークコミュニケーションズが独自のブランディングで運営しています。

コスト面や通信品質面を見ても、サービス提供エリア内であれば、最初に検討したい事業者です。

auひかり

auひかりは、KDDIが独自に構築している回線網と各地域の電力系通信事業者の回線を利用しています。

安定した高速通信が可能で、サービス提供エリアも広いです。

代理店経由のお申し込みで、高額キャッシュバックがもらえる事もおすすめのポイントです。

NTT回線が提供エリア外の場合でも、auひかりなら利用できる可能性があります。

まずは提供エリア検索をしてみましょう。

ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

ドコモ光は、NTTのフレッツ回線をメインで使用したプロバイダとセットのサービスです。(光コラボと言います)

光コラボは、別料金になっている事が多いプロバイダー料金がセットになっているため、比較的安価なことが特徴です。

NTTのフレッツを利用している方は、設備そのままで乗り換え可能なので、毎月の通信費削減にもなります。

スマホがdocomoの方はスマホ料金が割引になります。

  • この記事を書いた人

ネット回線のリアル 編集部

無線・有線問わず、安くて速い最強のネット回線を選ぶためのリアルな情報を発信しています。編集長は、この道10年以上の現役通信技術者です。 当サイトに関する詳細情報はこちらのページをご覧ください。

-契約のヒント

© 2021 ネット回線のリアル