光回線

光回線の速度を改善する「ルーター選び」のポイントを徹底解説!

光回線の速度を改善する「ルーター選び」のポイントを徹底解説!

「光回線で使用しているルーターの速度が遅い!」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ルーターがスペック不足だと、高速の光回線でも通信速度が遅くなります。

速度が遅いと感じたらルーターの見直しは重要なポイントの一つです。

そこで本記事では、

  • ルーターの速度を決めるポイント
  • 快適なルーターの選び方
  • ルーター以外の速度アップの方法

などを解説します。

泊木所長
ルーターを見直して、快適にネットを使うためのポイントを確認していきましょう。

ルーターの速度は通信規格で決まる

ルーターの速度は通信規格で決まる

Wi-Fiでの通信には「通信規格」があります。

新しいルーターほど最新に近い規格に対応していて、より高速に通信できます。

ルーターの速度を見直したいなら、まずは通信規格を確認しましょう。

通信規格は以下の通りです。

規格名最大通信速度周波数帯
IEEE802.11ax
(Wi-Fi6)
9.6Gbps2.4Ghz帯/5GHz帯
IEEE802.11ac
(Wi-Fi5)
6.9Gbps5GHz帯
IEEE802.11n
(Wi-Fi4)
600Mbps2.4Ghz帯/5GHz帯
IEEE802.11g54Mbps2.4Ghz帯
IEEE802.11a54Mbps5Ghz帯
IEEE802.11b11Mbps2.4Ghz帯
IEEE802.112Mbps2.4Ghz帯

現在発売されているルーターで主流なのはIEEE802.11ac(Wi-Fi5)対応のものです。

IEEE802.11gやIEEE802.11bなど古い規格のルーターを使っているなら、Wi-Fi5やWi-Fi6対応の最新ルーターへ買い替えを検討したいところです。

飛躍的な速度アップが期待できます。

5GHz帯と2.4GHz帯の違いも注目

ルーターの周波数帯域には、5GHz帯と2.4GHz帯があります。この違いも重要です。

5GHz2.4GHz
メリット高速で通信できる障害物があっても遠くまで届く
デメリット障害物に弱い通信が比較的遅い

基本的には高速で通信できる5GHz帯が便利ですが、接続環境によっては2.4GHz帯の方が安定します。

5GHz帯で安定しない場合は、2.4GHz帯も試してみると安定して通信できる可能性があります。

ちなみに5GHzが高速で通信できる理由は、使える周波数帯が広く、一度に大量のデータ通信ができるためです。

道路でいうと車線が多く、多くの車両が通行できるイメージ。

ただし、5GHzは直進性が強く、障害物を回り込んで進むのは苦手です。

このため障害物が多い環境では2.4GHz帯が有利になります。

通信環境によって使い分けていきましょう。

光回線で快適なルーターの選び方は?

光回線で快適なルーターの選び方は?

光回線で快適に通信できるルーターの選び方を見ていきましょう。

泊木所長
ルーター選びのチェックポイントは以下があります。

ルーター選びのチェックポイント

  • 通信規格+最高通信速度
  • 2.4GHzと5GHzの両方に対応しているか
  • 電波の届く範囲
  • 同時接続台数
  • +αの機能

それぞれ詳しく見ていきましょう。

通信規格+最高通信速度

既にご紹介の通り、通信速度が速いルーターを選ぶなら、通信規格がチェックポイントです。

また合わせてチェックしたいのが「最高通信速度」です。製品のパッケージに「1733+800Mbps」といった記載があります。ネットショッピングなら商品説明欄に記載があるはず。

通信規格+最高通信速度

画像出典:amazon

5GHz帯なら最大1733Mbps、2.4GHz帯なら800Mbpsで通信できることを示しています。

同じ通信規格に対応しているものでも、製品ごとにスペック差があるので、ここは確認しておきましょう。

2.4GHzと5GHzの両方に対応しているか

2.4GHzと5GHzの両方に対応しているかも確認しましょう。

今だと多くのルーターが2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応していますが、ここもチェックをしておきたいポイントです。

特に広い家で、ルーターから遠くの部屋でWi-Fiを使いたい時には2.4GHzが活躍します。

電波の届く範囲

高性能なルーターほど電波が届く距離は長くなります。

電波の届く範囲もパッケージや商品説明欄に記載があるはずです。自分の使用環境に合うものを選びましょう。

電波の届く範囲

画像出典:BUFFALO

同時接続台数

同時接続台数は、Wi-Fiルーターと同時にデータの送受信ができるスマホやパソコンの数です。

とくに大人数で使う可能性がある場合は確認しておくべきポイントになります。

+αの機能

そのほかの+αの機能の一例としては以下が挙げられます。

  • ビームフォーミング
  • 干渉波自動回避機能

ビームフォーミングは、Wi-Fiルーターがスマホやパソコンの位置を把握して、電波を束ねて集中的に届かせる機能です。

ビームフォーミング対応のルーターの方が接続は安定します。

干渉波自動回避機能は、その名の通り、電波の干渉を避けて通信できる機能です。

電子レンジや他の電波を察知して、チャンネルを自動切り替えし、電波干渉による速度低下を回避します。

いずれも通信速度アップや接続の安定に貢献してくれるので、購入前にチェックしておきましょう。

ルーター以外の速度アップの方法

ルーター以外の速度アップの方法

通信速度が遅いと感じているなら、ルーターのスペック以外の部分も見直してみると速度が改善する可能性があります。

泊木所長
ルーターのスペック以外の速度アップの方法としては以下が挙げられます。

ルーター以外の速度アップの方法

  • 「LANケーブル」もチェックする
  • 「設置場所」を見直す
  • 「端末側の問題」を確認する
  • 「光回線自体が遅い」なら乗り換える

LANケーブルもチェック

LANケーブルにも規格があります。高速で通信するなら、それなりに新しい規格のものを用意する必要があります。

LANケーブルのカテゴリ

  • CAT8(通信速度40Gbpsに対応)
  • CAT7(通信速度10Gbpsに対応)
  • CAT6a(通信速度10Gbpsに対応)
  • CAT6(通信速度1Gbpsに対応)

家庭用で使うならCAT6aあたりがおすすめです。

CAT6aなら製品の種類も豊富で、スペックも最大10Gbps対応と十分です。

設置場所を見直す

速度が遅いなら、ルーター本体のほかに、ルーターの設置場所も見直すべきです。

以下のような電波の障害になるものが近くにある場所は避けて設置しましょう。

  • 部屋の四隅や周りに物があるところ
  • 水槽や加湿器の近く
  • 電子レンジの近く

部屋の四隅は壁が障害になります。

そのほか水槽や加湿器、電子レンジなど電波の障害となるものの近くは避けるべきです。

端末側の問題

使用しているスマホやパソコンのスペックが低く、結果的に通信が遅く感じる可能性もあります。

また、「ブラウザのバージョンが古く、最近のWebページの仕様に対応できていない」「OSバージョンが古い」なども遅く感じる原因となり得ます。

このあたりも確認しておきましょう。

光回線を乗り換える

一通りの原因をチェックした上で速度が出ないなら、契約している光回線自体がそもそも遅い可能性もあります。

契約している光回線の評判などもチェックしつつ、場合によっては乗り換えも検討したいところです。

速度の速い光回線としては「NURO光」などがおすすめです。

「最大2Gbps」と多くの光回線の2倍の最大通信速度があることが大きな魅力。速度の評判がダントツに高い光回線です。

乗り換えならこのあたりを検討してみると良いでしょう。

まとめ

まとめ

泊木所長
ルーターの見直しの方法や速度アップのポイントを解説しました。

ルーター選びのポイントはあらためて以下です。

ルーター選びのポイント

  • 通信規格+最高通信速度
  • 2.4GHzと5GHzの両方に対応しているか
  • 電波の届く範囲
  • 同時接続台数
  • +αの機能(ビームフォーミングなど)

それぞれ製品パッケージや、ネットショッピングの商品説明欄から確認できるはずです。購入前にチェックしておきましょう。

ルーター以外の速度アップの方法としては考えられます。

ルーター以外の速度アップの方法

  • 「LANケーブル」もチェックする
  • 「設置場所」を見直す
  • 「端末側の問題」を確認する
  • 「光回線自体が遅い」なら乗り換える
泊木所長
ぜひ参考にルーター周りを見直して、速度の改善を図ってみてくださいね。

人気記事光回線のメリット・デメリットを解説!他の通信手段がおすすめな人も紹介

\ 当サイトおすすめ光回線 /

NURO光

NURO光

NURO光は、北海道・関東・東海・関西・九州の一部地域限定ではありますが、安価な料金で最大2〜10Gbpsの高速通信を提供しているプロバイダーです。

物理的な光ファイバーはNTTからサービス卸を受け(ダークファイバーと言います)、ソニーネットワークコミュニケーションズが独自のブランディングで運営しています。

コスト面や通信品質面を見ても、サービス提供エリア内であれば、最初に検討したい事業者です。

 

auひかり

auひかりは、KDDIが独自に構築している回線網と各地域の電力系通信事業者の回線を利用しています。

安定した高速通信が可能で、サービス提供エリアも広いです。

代理店経由のお申し込みで、高額キャッシュバックがもらえる事もおすすめのポイントです。

NTT回線が提供エリア外の場合でも、auひかりなら利用できる可能性があります。

まずは提供エリア検索をしてみましょう。

ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

ドコモ光は、NTTのフレッツ回線をメインで使用したプロバイダとセットのサービスです。(光コラボと言います)

光コラボは、別料金になっている事が多いプロバイダー料金がセットになっているため、比較的安価なことが特徴です。

NTTのフレッツを利用している方は、設備そのままで乗り換え可能なので、毎月の通信費削減にもなります。

スマホがdocomoの方はスマホ料金が割引になります。

  • この記事を書いた人

ネット回線のリアル 編集部

無線・有線問わず、安くて速い最強のネット回線を選ぶためのリアルな情報を発信しています。編集長は、この道10年以上の現役通信技術者です。 当サイトに関するお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。

-光回線

© 2021 ネット回線のリアル