契約のヒント

光回線は引っ越しで乗り換えるべき?乗り換えるべき人と具体的な方法・おすすめを紹介

「引っ越しを機に、光回線を変えようか悩む…」

「光回線は引っ越しの時に乗り換えた方がいいの?」

引っ越す際には、インターネット環境を見直そうと考えるのではないでしょうか。

結論から言えば、ほとんどの場合で引っ越しの際に光回線を乗り換えた方がお得です。

この記事では、以下の内容について解説していきます。

  • 光回線を乗り換えた方がお得な人
  • 引っ越し先でも同じ非回線を使った方がいい人
  • 光回線を引っ越しのタイミングで乗り換える手続き
  • 引っ越しで乗り換えたい光回線3選
  • 工事不要のWiMAXも引っ越しに最適
泊木所長
気になるところから読んでみてください。

光回線の引っ越しで乗り換えがお得な人

光回線の引っ越しで乗り換えがお得な人

引っ越しで光回線を乗り換えた方がいい人は、以下の通りです。

  • 更新月と引っ越しが重なる人
  • 同じ光回線を長く使うなど、プランが古いままの人
  • 戸建てに引っ越すなど工事費が高くなりそうな人
  • スマホなどとのセット割を活用していない人
泊木所長
それぞれ詳しく解説します。

更新月の人

現在使っている光回線が更新月の場合、引っ越しのタイミングで乗り換えてしまうのが良いでしょう。

更新月の場合には違約金も発生せずに解約できるため、金銭的な負担が少ないのもポイントです。

光回線によっては、引っ越し先での開通工事費の一部を負担してくれたり、キャッシュバックやプランの割引をしてくれることもあります。

そのため、同じ光回線を使っているよりもお得になることが多いです。

光回線を長く使っており古いプランの人

光回線を長く使っている人は、引っ越し先で乗り換えをするのがおすすめです。

光回線のプランは少しずつ新しくなっているため、場合によっては乗り換えた方がお得にになることがあります。

キャンペーンをうまく活用すれば、月額の実質料金はぐっとお得になる可能性が高いでしょう。

戸建てに引っ越すなど工事費が高くなりそうな人

一般的には、光回線の工事費はマンションよりも戸建ての方が高額です。

新築の戸建てに引っ越す場合には、光回線を乗り換えてしまうのがおすすめ。

新規契約キャンペーンをうまく活用すると、実質の工事費を抑えることができます。

工事費の節約のためにも、乗り換えると良いでしょう。

スマホなどとのセット割がない人

最近は、「光コラボ」が広がってきたことで、光回線とスマートフォンや電気サービスなどのセット割が提供されています。

引っ越し先で電力会社やガス会社を変える場合には、光回線を乗り換えてしまうのがおすすめです。

月額料金が割引になるため、節約にもつながります。

スマートフォンについても同様です。

スマートフォンは、auやドコモ・ソフトバンク・楽天モバイルなどの会社が、光回線とのコラボ割引を実施しています。

高くなりがちな通信費を抑えるためにも、光回線を乗り換えると良いでしょう。

光回線の引っ越しで乗り換えない方がいい人

光回線の引っ越しで乗り換えない方がいい人

もちろん、光回線を引っ越し先で変えない方が良い場合もあります。

  • スマホなどとのセット割を活用している人
  • 今の光回線にこだわりがある人

それぞれ解説していきます。

スマホとのセット割が適用されている人

光コラボ等を契約している場合、スマートフォンなどとのセット割が適用している場合もあるでしょう。

その場合には、引っ越し時に光回線を乗り換える必要がないことが多いです。

全体の通信費をみて、乗り換えるべきかどうか検討しましょう。

どうしても今の光回線が良い人

現在の光回線にこだわりがある場合も、乗り換えの必要はないといえるでしょう。

エリアの関係や速度の関係で、今の回線が良い場合には、乗り換えのメリットはあまりないといえます。

光回線を引っ越しで乗り換える方法

光回線を引っ越しで乗り換える方法

続いて、光回線を引っ越しの際に乗り換える方法について紹介します。

手順としては、以下の通りです。

  1. 乗り換え先の光回線の契約・工事日の決定
  2. 現在利用している光回線の解約
  3. 現在利用している光回線の撤去工事
  4. 乗り換え先の光回線の開通工事
泊木所長
詳しく解説します。

乗り換え先の光回線の新規契約・工事日程の確定

まずは、乗り換え先の光回線の契約をしましょう。

乗り換える場合でも、引っ越し先で新規に回線を利用するので「新規契約」です。

申し込みはWebが簡単でおすすめです。

Webで契約した場合、工事日の調整の電話は後からかかってくるので、電話が来るまでに工事日の候補を決めておくと良いでしょう。

新規契約の手続きと同時に、工事日についても確認しておきましょう。

工事日は、申し込みから1ヵ月程度をみておくと安心です。

そのため、引っ越し日が固まり次第、すぐに光回線の契約をすると良いでしょう。

現在利用している光回線の解約

現在の家で使用している光回線についても、解約をする必要があります。

解約の際は、違約金がかからないタイミングを狙うのがポイントです。

解約の手続きを進める前に、契約書や会員ページで契約期間を確認しましょう。

また、解約時の日割り計算の有無も確認しておくと、最適な解約日が見えてくるはずです。

現在の光回線の撤去工事

光回線の撤去工事は、自分で行う場合が多いです。

NTTなどから送られてきたキットや説明書を読み、撤去を行いましょう。

端末の返却も期日までに行うようにします。

引っ越し先の光回線の開通工事

引っ越し先の工事は、立ち合いが必要な場合がほとんどです。

戸建ての場合には壁に穴を開ける可能性もあります。

マンションの場合には、共用部分での作業が必要になることもあるでしょう。

このような理由から、立ち合いが必要になる可能性が高くなります。

開通工事が完了したら、乗り換えは完了です。

引っ越しで乗り換えたい光回線3選

引っ越しで乗り換えたい光回線3選

「光回線を乗り換えるのにおすすめを知りたい」という方のために、おすすめを3つ紹介します。

結論から言うと、以下の会社がおすすめです。

  • ドコモ光・GMOトクトクBB
  • NURO光
  • ソフトバンク光
泊木所長
おすすめな理由を詳しく解説していきます。

ドコモ光・GMOトクトクBB

ドコモ光は、ドコモユーザーに特におすすめです。

月額料金の割引があるため、スマホとネットの通信費を抑えることができます。

また、GMOトクトクBBをプロバイダにすると、工事費が無料になります。

工事費が無料になる会社は少ないため、初期費用を抑えたい方にもおすすめです。

「ドコモ」という名前がついているものの、ドコモユーザー以外でも契約できるので安心してください。

NURO光

NURO光では、月額基本料金が1年間980円になるキャンペーンを実施中です。

そのため、月々の通信コストを抑えたい方におすすめの光回線だといえます。

また、NURO光では電気も提供しており、電気・ガスを提供しているため、セットで利用するとお得になります。

特にNUROでんきとNURO光をセットで利用すると、月額基本料が501円引となるのでおすすめです。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、工事費のキャッシュバックやを実施しています。

そのため、初期費用を抑えることが可能です。

その他にも、定期的にキャッシュバックキャンペーンを実施しているため、タイミングがあえばさらにお得に利用できます。

ソフトバンクのスマホを利用している場合には、スマホ料金もお得になるので、契約を検討してみると良いでしょう。

引っ越しで工事が面倒な場合はWiMAXがおすすめ

引っ越しで工事が面倒な場合はWiMAXがおすすめ

「引っ越しで2回も工事があるのは面倒」「転勤が多いからネット環境を変えるのが大変」という方は、WiMAXを利用するのがおすすめです。

WiMAXは電波で通信をするため、回線工事がありません。

そのほか、以下のようなメリットがあります。

  • ルーターが届いたら即開通
  • 自宅でも外出先でも使える
  • 工事がないから引っ越しの手続きは住所変更だけ
  • キャンペーンが充実しておりお得に利用できる
泊木所長
それぞれ詳しく解説します。

WiMAXならルーターが届いたらすぐ使える

WiMAXでは、契約が完了したらルーターが届きます。

中には即日発送の会社もあるため、翌日には自宅に届くこともあるでしょう。

ルーターが届いてしまえば、SIMカードをさして電源を入れれば設定完了。

すぐにインターネットが使えます。

自宅でも外出先でも使える

WiMAXの電波が届く範囲であれば、自宅でも外でも使えるのは嬉しい点です。

スマホのギガの節約にもなるでしょう。

光回線のように工事がないから引っ越しでも楽

WiMAXでは、引っ越しの時に工事がありません。

住所変更の手続きだけすればいいので安心です。

住所変更もインターネット上でできる場合がほとんどのため、いつでも手続きができるのはメリットだといえるでしょう。

キャンペーンが充実しておりお得に契約しやすい

WiMAXでは、お得なキャンペーンが充実しています。

高額キャッシュバックを始め、特典が多いのが魅力です。

「WiMAXは会社が多すぎて選べない」という場合には、以下のサイトを参考にしてください。

参考ポケットWi-Fiのリアル

きっとあなたにぴったりのWiMAXが見つかるはずです。

まとめ

泊木所長
今回は、光回線の引っ越し時の乗り換えについて紹介しました。

まとめ

  • ほとんどの場合で乗り換えるのがおすすめ
  • 引っ越し日が決まり次第、早めに契約するのが鍵
  • 工事費負担をしてくれる会社を利用すると、初期費用が抑えられる
  • 工事が手間に感じる場合には、WiMAXの契約を視野に入れると良い

\ 当サイトおすすめ光回線 /

NURO光

NURO光

NURO光は、北海道・関東・東海・関西・九州の一部地域限定ではありますが、安価な料金で最大2〜10Gbpsの高速通信を提供しているプロバイダーです。

物理的な光ファイバーはNTTからサービス卸を受け(ダークファイバーと言います)、ソニーネットワークコミュニケーションズが独自のブランディングで運営しています。

コスト面や通信品質面を見ても、サービス提供エリア内であれば、最初に検討したい事業者です。

 

auひかり

auひかりは、KDDIが独自に構築している回線網と各地域の電力系通信事業者の回線を利用しています。

安定した高速通信が可能で、サービス提供エリアも広いです。

代理店経由のお申し込みで、高額キャッシュバックがもらえる事もおすすめのポイントです。

NTT回線が提供エリア外の場合でも、auひかりなら利用できる可能性があります。

まずは提供エリア検索をしてみましょう。

ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

ドコモ光は、NTTのフレッツ回線をメインで使用したプロバイダとセットのサービスです。(光コラボと言います)

光コラボは、別料金になっている事が多いプロバイダー料金がセットになっているため、比較的安価なことが特徴です。

NTTのフレッツを利用している方は、設備そのままで乗り換え可能なので、毎月の通信費削減にもなります。

スマホがdocomoの方はスマホ料金が割引になります。

  • この記事を書いた人

ネット回線のリアル 編集部

無線・有線問わず、安くて速い最強のネット回線を選ぶためのリアルな情報を発信しています。編集長は、この道10年以上の現役通信技術者です。 当サイトに関するお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。

-契約のヒント

© 2021 ネット回線のリアル