契約のヒント

NTT以外の光回線を選ぶメリット・注意点を解説!おすすめの独自回線サービスもご紹介

NTT以外の光回線を選ぶメリット・注意点を解説!おすすめの独自回線サービスもご紹介

NTTのフレッツ光以外にも、独自回線を持つ光回線サービスがあります。

独自回線のサービスを選べば、通信費がさらに安くなったり、通信速度がアップしたりする可能性があります。

ネット回線を選ぶ時は、フレッツ光以外にも目を向けると、もっとコスパの良いサービスと契約できる可能性アリです。

本記事では

  • NTT以外の光回線を選ぶメリット・注意点
  • NTT以外のおすすめの光回線

などを解説します。

泊木所長
NTT以外の独自回線も視野に入れれば、もっとお得に契約できる可能性があります。

「より安く快適に光回線を使いたい」とお考えの方は、ぜひ目を通してみて下さい。

光回線は大きく3種類ある

光回線は大きく3種類ある

泊木所長
NTTのフレッツ光以外にも、光回線は数多くあります。

光回線の事業者は大きく以下の3種類に分類できます。

光回線の種類

  • NTTの「フレッツ光」
  • 光コラボ
  • NTT以外の独自回線

それぞれ詳しく見ていきましょう。

NTTの「フレッツ光」

まずは「フレッツ光」です。

フレッツ光は、NTT西日本・NTT東日本が提供する光回線です。

全国トップのシェアを誇る光回線の元祖といえるサービスで、日本全国でサービスが利用できます。

サポートも手厚く、オプションサービスも充実していて、大手ならではの安心感は魅力です。

光コラボ

フレッツ光と各事業者がコラボして提供する光回線です。

NTTからフレッツ光の回線の卸売りを受けて、各事業者が自社のサービスとして提供しています。

使っている回線自体はフレッツ光と同じものです。

光コラボならプロバイダもセットで契約できます。

フレッツ光では回線のみの契約のため別途プロバイダを契約する必要がありますが、光コラボなら一つの契約でOKです。

光コラボの事業者としては、So-net光、ドコモ光、ソフトバンク光などがあります。

NTT以外の独自回線

NTTのフレッツ光以外にも、独自の光回線を持つ事業者がいくつかあります。

代表的なところとしては、auひかり、NURO光、コミュファ光などです。

フレッツ光や光コラボと比較すると通信速度が速いことが大きなメリットです。

料金も、割引やキャンペーンでかなりお得になる場合があります。

NTT以外の光回線を選ぶメリット

NTT以外の光回線を選ぶメリット

泊木所長
NTT以外の光回線を選ぶことで、通信速度の向上や通信費の節約が実現できる可能性があります。

独自回線のサービスを利用するメリットは以下の3つです。

NTT以外の光回線を選ぶメリット

  • 通信速度が速い
  • 料金が安い
  • キャンペーンがお得

それぞれ見ていきましょう。

通信速度が速い

まず「通信速度が速い」のが大きなメリットです。

独自回線は、フレッツ光と比べるとユーザー数が少なく、回線が混雑しにくいのが大きな特徴。

夕方から夜にかけての利用者の多い時間帯でも、快適な通信を維持できます。通信速度が落ちにくいのは魅力ですね。

料金が安い

フレッツ光と比べて、料金が安いのもポイントです。

独自回線もプロバイダとセットで提供されることが多く、それらを合わせた通信費としては安く済むことが多いです。

また、スマホとセットでお得になる場合もあります。auひかりならauの料金が割引になり、NURO光ならソフトバンクで割引が受けられます。

通信費全体を安く抑えたい方には、独自回線を選ぶのは賢い選択の一つになりそうです。

キャンペーンがお得

キャンペーンもかなり大規模なものを実施しています。

フレッツ光のデメリットの一つに、「キャッシュバックなどのキャンペーンがほとんどない」という点が挙げられます。

フレッツ光は最大手ならではの安心感はあるものの、キャンペーンでお得に契約するという点では少し弱めです。

キャンペーンに期待したい方は、「光コラボ」か「独自回線の事業者」から選んでいくのがおすすめです。

独自回線なら「NURO光」「auひかり」など、キャッシュバックがお得な光回線がいくつもあります。

キャンペーンも上手く利用してお得に契約したいと考えている方は、このあたり注目ですね。

NTT以外の光回線のデメリット:利用できないエリアもある

NTT以外の光回線のデメリット:利用できないエリアもある

独自回線を選ぶデメリットも見ておきましょう。

デメリットとしては、提供エリアが狭いことが挙げられます。

たとえば、独自回線の「コミュファ光」は東海・中部エリア限定のサービスです。

NURO光も、関東から全国へエリアを拡大中ですが、日本中をカバーしているわけではありません。

カバーエリアの多い「auひかり」についても一部の地域では利用できないことがあります。

基本的には日本中で使えるフレッツ光と比べると、この点は注意点です。契約前に自宅が対象エリアになっているのかは確認しておく必要があります。

NTT以外のおすすめの光回線

NTT以外のおすすめの光回線

泊木所長
「NTT以外も良さそうだけど、実際どこを選んでよいのか分からない」という方も多いと思います。

NTT以外でおすすめの光回線をピックアップしました。おすすめは以下の4つです。

NTT以外のおすすめの光回線

  • 通信速度にこだわるなら「NURO光」
  • auスマホとセットで使うなら「auひかり」
  • 中部・東海エリアの方は「コミュファ光」
  • 関西エリアの方は「eo光」

通信速度にこだわるなら「NURO光」

通信速度にこだわるならNURO光がおすすめ。

下りの通信速度は最大2Gbpsで、他の光回線の2倍の速度を実現しています。

また、「45,000円のキャッシュバック」「工事費(40,000円)が実質無料」など大規模なキャンペーンがあるのも魅力。

月額料金もかなり安い方なので、キャンペーンと合わせてかなり費用を抑えることができるでしょう。

NURO光は選んでいいの?基本情報から口コミ・評判までを徹底解説!

続きを見る

auスマホとセットで使うなら「auひかり」

auユーザーにおすすめの光回線です。

auスマホとのセット割「auスマートバリュー」で、家族全員のスマホ代が最大1,000円割引になります。

たとえば、家族4人で合計4,000円割引となると、光回線の料金の元がほとんどとれてしまう計算です。

年間の通信費を5万円近く節約できます。

そのほか工事費が実質無料のキャンペーン、高額キャッシュバックも随時実施しています。

特典を重視したい方にもおすすめですね。

auひかりはどんな光回線?口コミ・評判からメリット・デメリットまでを徹底解説!

続きを見る

中部・東海エリアの方は「コミュファ光」

東海・中部エリアでユーザー満足度一位の光回線です。

ギガビュー割適用で4,000円を切る料金から利用できるなど、月額料金はかなり安めです。

コミュファ光もauスマートバリューの対象となるので、スマホとセットでお得に使いたいauユーザーの方にもおすすめです。

最大10Gbpsの超高速通信ができるプランを提供しているのも大きな特徴。

中部で最大10Gbpsのプランを利用しようと思うと、コミュファ光の一択になるでしょう。

コミュファ光 公式サイト

関西エリアの方は「eo光」

関西を中心に提供されている光回線です。

月額2,953円の格安の料金が魅力となっています。

5ギガ/10ギガの超高速コースもあり、快適なネット通信が可能です。

工事費が実質無料、ルーターが最大1年間無料などキャンペーンも充実しているので、初期費用も安く抑えられます。

関西在住でコスパの良い光回線を探している方におすすめです。

eo光 公式サイト

まとめ

まとめ

NTT以外の光回線なら、より快適に通信できるだけでなく、料金の節約も狙えます。

光回線といえば「フレッツ光」という方も、独自回線も含めて検討すれば、もっとお得に光回線を利用していくことができるはずです。

泊木所長
ぜひ参考に自分にぴったりの光回線を見つけてみてくださいね。

ポイント

  • NTT以外の回線を選ぶメリットは、通信速度が速い、料金が安い、キャンペーンがお得
  • NTT以外の回線は、デメリットとして提供エリアが狭いことが挙げられます

人気記事光回線は即日開通できる?インターネットを即日使える方法を紹介

\ 当サイトおすすめ光回線 /

NURO光

NURO光

NURO光は、北海道・関東・東海・関西・九州の一部地域限定ではありますが、安価な料金で最大2〜10Gbpsの高速通信を提供しているプロバイダーです。

物理的な光ファイバーはNTTからサービス卸を受け(ダークファイバーと言います)、ソニーネットワークコミュニケーションズが独自のブランディングで運営しています。

コスト面や通信品質面を見ても、サービス提供エリア内であれば、最初に検討したい事業者です。

auひかり

auひかりは、KDDIが独自に構築している回線網と各地域の電力系通信事業者の回線を利用しています。

安定した高速通信が可能で、サービス提供エリアも広いです。

代理店経由のお申し込みで、高額キャッシュバックがもらえる事もおすすめのポイントです。

NTT回線が提供エリア外の場合でも、auひかりなら利用できる可能性があります。

まずは提供エリア検索をしてみましょう。

ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

ドコモ光は、NTTのフレッツ回線をメインで使用したプロバイダとセットのサービスです。(光コラボと言います)

光コラボは、別料金になっている事が多いプロバイダー料金がセットになっているため、比較的安価なことが特徴です。

NTTのフレッツを利用している方は、設備そのままで乗り換え可能なので、毎月の通信費削減にもなります。

スマホがdocomoの方はスマホ料金が割引になります。

  • この記事を書いた人

ネット回線のリアル 編集部

無線・有線問わず、安くて速い最強のネット回線を選ぶためのリアルな情報を発信しています。編集長は、この道10年以上の現役通信技術者です。 当サイトに関する詳細情報はこちらのページをご覧ください。

-契約のヒント

© 2021 ネット回線のリアル