光回線

光回線の工事費用はいくら?注意点や実質無料にする方法も紹介!

「光回線の工事費用ってどれくらいかかるの?」

「光回線の工事費用をできるだけおさえたい」

光回線の工事費用は高額というイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。

確かに、光回線の工事費用は高いです。

ただし、工事費用が実質無料になる回線も多くあります。

泊木所長
この記事では、光回線の工事費用や無料で利用する方法について紹介しますので、参考にしてください。

光回線工事の費用

まずは、光回線の工事費用について確認していきます。

泊木所長
ここでは、以下の3社について紹介します。
  • NTT(フレッツ・光コラボ)
  • auひかり
  • NUROひかり

なお、ここで紹介する料金は、基本的な工事の費用です。

追加工事がある場合や工事日が休日の場合には、ここで紹介するよりも料金が高くなることもあります。

NTT(フレッツ・光コラボ)の場合

フレッツ光や光コラボを契約する場合には、以下のような工事費となっています。

  • 屋内配線まで必要な場合:19,800円
  • 屋内配線がない場合:8,360円
  • 既に光回線が宅内まである場合:2,200円

戸建ての場合には、基本的に19,800円かかることが多いでしょう。

マンションタイプの場合には、既に光回線が部屋の光コンセントまで引かれていることもあります。

その場合には、2,200円で工事が完了することもある点はおさえておくとよいでしょう。

工事費は、30回の分割払いか一括払いで支払っていきます。

ただし、宅内まで配線がある場合には、2,200円を一括で支払う必要があるので注意してください。

なお、土日休日や年末年始に工事を行う場合には、料金が変わってきます。

そのため、工事日を決める際に料金についても確認しておくのがおすすめです。

auひかりの場合

auひかりの場合には、戸建てとマンションで工事費が分かれています。

  • 戸建て:41,250円
  • マンション:33,000円

戸建てタイプもマンションタイプも、基本的には分割で工事費を支払う点には注意が必要です。

戸建てタイプの場合は60回払い、マンションタイプの場合には24回払いとなっています。

なお、auひかりの工事の場合でも土日などに工事を行う場合には追加料金が発生する可能性があるので注意が必要です。

NURO光の場合

NURO光の場合には、44,000円の工事費用がかかります。

料金の支払いは、30回の分割払いとなっています。

そして、土日祝日に工事を行う場合には、別途料金が発生するので注意が必要です。

光回線工事の際の注意点

光回線の工事をする際には、いくつか気をつけておくとよい点があります。

泊木所長
今回は4つ紹介するので、参考にしてください。
  •  回線工事は通常でも2週間〜1カ月かかる
  • 工事費は一括または複数回払いになる
  • 多くの場合立ち会いが必要になる
  • 戸建ての場合、壁に穴を開けることになる可能性も

それぞれ詳しく解説していきます。

回線工事は通常でも2週間〜1カ月かかる

まずは、工事の期間についてです。

光回線を工事する際には、通常でも申し込みから2週間から1カ月ほどかかります。

そのため、「すぐにインターネットが使いたい」という場合には注意が必要です。

光回線をできるだけ早く使うためにも、必要になったらすぐに申し込みをするとよいでしょう。

おすすめの光回線については、以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

人気記事光回線は即日開通できる?インターネットを即日使える方法を紹介

工事費は基本的に複数回払い

光回線の工事費用は、基本的に複数回に分割して支払うことになります。

もしも一括で支払いたい場合には、問い合わせをすると可能なこともあります。

分割の回数は光回線によってさまざまです。

24回払いという会社もあれば、30回払いと長期にわたる支払いのこともあります。

そのため、契約時に分割の回数を確認しておくのがおすすめです。

「分割払いの途中で解約したらどうなるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

分割払いの途中で解約した場合には、残債を一括で支払うことになります。

また、「工事費実質無料」のキャンペーンで入会して期間中に解約してしまった場合にも、残債を支払うことになるので注意してください。

多くの場合立ち会いが必要になる

光回線の工事は、基本的に立ち会いが必要になります。

無派遣工事の場合には、立ち会いが必要ない代わりに、自分で回線を接続することになります。

そのため、工事日は基本的に立ち会える日に設定する必要がある点に注意してください。

また、平日に立ち会いができない場合には、土日祝日に立ち会いをすることになります。

「週末しか時間がない」「年末年始だけど申し込みたい」という場合には、工事費が基本料金より高くなります。

問い合わせ時に料金をよく確認しておくことのがおすすめです。

戸建ての場合、壁に穴を開けることになる可能性も

戸建てタイプの契約の場合には、壁に穴をあける可能性があります。

光回線を通す際は、以下のような順番で工事内容が決まることが多いです。

  • 既存の電話線の配管を使う
  • エアコンの配管を使う
  • 壁に穴をあける

3つの順番を見ていくと、壁に穴をあけるのは最終段階であることがわかります。

とはいえ、電話線の配管がなかったりエアコンの配管が使えなかったときのことを考えて、壁に穴をあけてもよいか考えておくのがおすすめです。

もちろん、壁に穴をあける場合には、工事担当者から確認があります。

勝手に穴があいてしまうことはないので安心してください。

光回線工事を無料にする方法

泊木所長
最後に、光回線の工事費を無料にする方法を4つ紹介します。

結論からいうと、以下の4つの方法を利用すると、工事費の負担額が無料または実質無料となります。

  • キャッシュバックキャンペーンを利用する
  • 工事費無料のプロバイダを選ぶ
  • 光回線の乗り換え費用をサポートしてくれるプロバイダと契約する
  • 工事がないモバイルWi-Fi(WiMAX)を利用する

キャッシュバックキャンペーンを利用する

1つ目の方法は、キャッシュバックキャンペーンを利用する方法です。

高額のキャッシュバックキャンペーンがある会社を選べば、工事費をキャッシュバックでまかなえてしまいます。

そのため、「工事費無料の光回線がないかな」と考えている場合には、まずはキャッシュバックキャンペーンの利用がおすすめです。

キャッシュバックキャンペーンを利用する際には、キャッシュバックが受け取れる日を忘れないようにしてください。

ほとんどの場合、契約してから何カ月か経過しないと、キャッシュバックが受け取れません。

そのため、カレンダーにキャッシュバックが受け取れる日を登録しておくなどして、受け取り忘れを防ぐとよいでしょう。

キャッシュバックキャンペーンを行っている光回線はいくつかあります。

  • ドコモ光×GMOとくとくBB
  • NURO光
  • auひかり×GMOとくとくBB

エリア内・新規契約であれば、NURO光の45,000円が高額なキャッシュバックです。

オプションの申し込みも必要ないので、安心して契約できます。

ただし、NURO光のエリアが限られている点に注意が必要です。

NURO光のエリアは、以下の通りです。

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
  • 東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
  • 関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
  • 九州(福岡・佐賀)

工事費無料・実質無料の光回線を選ぶ

2つ目は、工事費無料を無料・実質無料としている光回線を選ぶ方法です。

「実質無料ってどういうこと?」「無料と実質無料の違いってなに?」と疑問に感じたかもしれません。

実質無料の場合には、毎月月額料金と一緒に請求される工事費分を値引きするという仕組みです。

そのため、仮に工事費の支払い中に解約をしてしまった場合、工事費の残債を請求されます。

一方無料の場合には、工事費自体がかからないので、いつ解約したとしても工事費の残債はありません。

無料と実質無料の違いを踏まえた上で契約すると、料金のトラブルがないので安心です。

ここでは、工事費が実質無料の光回線を紹介します。

  • NURO光
  • DTI光
  • auひかり

光回線の乗り換え費用をサポートしてくれるプロバイダと契約する

「今の光回線から新しい光回線に乗り換えたい」という場合には、乗り換え費用をサポートしてくれる光回線を選ぶのがおすすめです。

中には工事費だけでなく、現在の光回線の違約金を負担してくれるところもあります。

そのような光回線を選べば、金銭的な負担が軽くなるでしょう。

乗り換えで工事費無料の光回線は以下の通りです。

  • コミュファ光
  • auひかり
  • eo光 ※最大50,000円まで

それぞれ対応エリアの限られている光回線ではあるので、注意してください。

エリア内であれば、乗り換え費用を負担してくれます。

工事がないモバイルWi-Fi(WiMAX)を利用する

「そもそも工事自体したくない」という場合には、モバイルWi-Fiを検討するのがおすすめです。

モバイルWi-Fiは、回線工事が不要なため、通信端末が届いたらすぐにインターネットを利用できます。

また、外出先に持ち運んで利用できるものも多いため、一人暮らしの方であればスマートフォンのギガも節約できお得です。

モバイルWi-Fiはいくつかの種類があります。

特におすすめなのがWiMAXです。

WiMAXであれば実人口カバー率が99%を超えているなど、対応エリアが広いのが特徴です

そして、月の通信容量の制限のないプランもあるため、大容量通信を行う場合にも安心です。

3日で10GB以上通信すると速度の制限がかかりますが、1Mbps程度の速度が出るほか、夜間のみの制限なので昼間に制限がかかることはありません。

モバイルWi-Fiについては、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

まとめ

泊木所長
今回は、光回線の工事費用について紹介しました。

まとめ

  • 光回線の工事費用は約2万〜4万と高額
  • キャンペーン等を利用すると工事費の負担が軽くなる
  • 工事費無料のモバイルWi-Fiも視野にいれて検討するのがおすすめ

\ 当サイトおすすめ光回線 /

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、NTT回線を使用した光コラボ回線です。

大きな特徴は、申し込みから開通までの期間が光回線の中で最も早く開通までのネットが使用できない期間にポケットWi-Fiの貸し出しサービスがあります。

ソフトバンクのスマホ利用者は割引があるため、コスト面や通信品質面を見ても、最初に検討したい事業者です。

auひかり

auひかりは、KDDIが独自に構築している回線網と各地域の電力系通信事業者の回線を利用しています。

安定した高速通信が可能で、サービス提供エリアも広いです。

代理店経由のお申し込みで、高額キャッシュバックがもらえる事もおすすめのポイントです。

NTT回線が提供エリア外の場合でも、auひかりなら利用できる可能性があります。

まずは提供エリア検索をしてみましょう。

ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

ドコモ光は、NTTのフレッツ回線をメインで使用したプロバイダとセットのサービスです。(光コラボと言います)

光コラボは、別料金になっている事が多いプロバイダー料金がセットになっているため、比較的安価なことが特徴です。

NTTのフレッツを利用している方は、設備そのままで乗り換え可能なので、毎月の通信費削減にもなります。

スマホがdocomoの方はスマホ料金が割引になります。

  • この記事を書いた人

ネット回線のリアル 編集部

無線・有線問わず、安くて速い最強のネット回線を選ぶためのリアルな情報を発信しています。編集長は、この道10年以上の現役通信技術者です。 当サイトに関する詳細情報は運営者情報のページをご覧ください。

-光回線