回線選び・比較

安く使うなら廉価版(低価格版)光回線がおすすめ!ローエンド光回線を徹底比較

安く使うなら廉価版(低価格版)光回線がおすすめ!ローエンド光回線を徹底比較

光回線の通信速度は、新しい商品が登場する度に速くなる一方ですが、通信速度に比例して利用料金も高くなります。

一方で「通信速度やサービスにはこだわらないので、料金は安い方が良い」というニーズがある事も事実です。

光回線を取り扱う事業者各社では、このようなニーズを汲み取り、低価格版の光回線もラインナップとして取扱いはじめています。

この記事では、徐々に注目を集めている廉価版(低価格版)の光回線のメリット・デメリット等について詳しく解説してます。

泊木所長
安く光回線を使いたい方には必見の内容です。

ぜひ参考にしてみてください。

トミー

この記事は私が監修しました

トミー(@5150wireless

通信業界に18年身を置く現役の通信技術者です。
これまでに代理店での通信回線販売や、ISPでのテクニカルサポート業務を経て、技術畑に転身してからはモバイル通信に関わる仕事に約15年従事しています。

\ 関西エリアでおすすめの光回線/

廉価版(低価格版)光回線とは?

廉価版(低価格版)光回線とは?

廉価版(低価格版)光回線は、毎月の利用料金を抑えたい人向けに、標準版とは何かしらの差別化を図り、標準版よりも安価な利用料金でサービス提供している光回線です。

標準版と低価格版の2種類を用意する事で、契約者にとっては目的に合ったムダの無い利用契約ができ、通信事業者側としても契約の間口が広がるというメリットがあります。

泊木所長
廉価版は商品やサービスを世の中に普及させる事を目的に作られる場合が多いです
柴山くん
安く使えるなら利用者も増えるかもしれないですね

通常よりも安く提供できるのはなぜ?

差別化の内容は商品によって様々です。

通信品質やサービス内容等、料金を安く提供できるための工夫がされています。

泊木所長
差別化の例としては以下があります。

ポイント

  • 標準版よりも帯域を狭くし、通信速度を抑える代わりに安価な値段で提供する
  • 通信品質は標準版とは変わらず、通信容量に応じた段階課金制になっている
  • サポートなどのサービス面を簡略化して安価な値段で提供する など

おすすめの廉価版(低価格版)光回線

おすすめの廉価版(低価格版)光回線をご紹介

おすすめ低価格版光回線

泊木所長
おすすめの低価格版光回線を3社ご紹介します。

現在、高額な光回線を使用している方は、乗り換えをする事で月額料金を大幅に下げる事ができる可能性があります。

柴山くん
標準版との比較もお願いしますね

So-net光 minico

So-net光 minico(ミニコ)

So-net光 minico(ミニコ)は、So-net光プラスの低価格版です。

NTT東西のフレッツ光回線を使用した、光コラボと呼ばれるタイプの光回線で、元々安価な事が特徴です。

So-net光 minicoは専用帯域を使用する事により、混雑時の通信速度を下げる代わりに、より安価な月額料金で利用できるようになっています。

So-net光 minico公式サイト

画像出典:So-net光 minico公式サイト

So-net光 minico 公式サイト

標準版とのサービス内容比較
標準版低価格版
名称

公式サイト

公式サイト

利用料金■マンション
4,928円
■戸建て
6,138円
■マンション
3,400円
■戸建て
4,500円
回線速度1Gbps1Gbps
※混雑時は低速になります
縛り期間縛りなし縛りなし

BB.exite光 Fit

BB.exite光 Fit

BB.exite光 Fitは、exite MEC光の通信品質はそのままに、データ通信量に応じた段階料金で利用できる光回線です。

料金は30GB未満・200GB未満・500GB未満・500GB以上の段階に区分けされています。

元々、ほとんどネットを使用しないという方や、月によってデータ使用量の増減が激しいという方は、BB.exite光 Fitを利用する事で通信費を下げられる可能性があります。

BB.exite光 Fit公式サイト

画像出典:BB.exite光 Fit公式サイト

BB.exite光 Fit 公式サイト

標準版とのサービス内容比較
標準版低価格版
名称

公式サイト

公式サイト

利用料金■マンション
容量無制限:3,850円
■戸建て
容量無制限:4,950円
■マンション
30GB未満:2,640円
200GB未満:3,410円
500GB未満:4,180円
500GB以上:4,180円
■戸建て
30GB未満:3,520円
200GB未満:4,290円
500GB未満:5,060円
500GB以上:5,830円
回線速度1Gbps1Gbps
縛り期間縛りなし縛りなし

@nifty光 WebLiko

@nifty光 WebLikoは、@nifty光の低価格版回線です。

「もっと光をシンプルに、安く使いたいあなたに」を掲げ、@nifty光よりもサービス面を簡略化し、シンプルにする事で低価格化を実現しています。

通信品質は@nifty光と変わらず、契約期間の縛りなし(契約解除金なし)で利用できます。

@nifty光 WebLiko公式サイト

画像出典:@nifty光 WebLiko公式サイト

@nifty光 Webliko 公式サイト

標準版とのサービス内容比較
標準版低価格版
名称

公式サイト

公式サイト

利用料金■マンション
初月:0円
25ヶ月目まで:3,690円
26ヶ月目以降:4,378円
■戸建て
初月:0円
25ヶ月目まで:4,895円
26ヶ月目以降:5,720円
■マンション
初月:0円
25ヶ月目まで:3,470円
26ヶ月目以降:4,158円
■戸建て
初月:0円
25ヶ月目まで:4,653円
26ヶ月目以降:5,478円
回線速度1Gbps1Gbps
縛り期間3年縛りなし

廉価版(低価格版)光回線のメリットとデメリットは?

廉価版(低価格版)光回線のメリットとデメリットは?

泊木所長
低価格版光回線のメリットとデメリットをご紹介します。

繰り返しになりますが、商品によって何で差を付けているかは異なりますので、よく内容を把握したうえで申し込みをするように気を付けてくださいね。

廉価版(低価格版)光回線のメリット

料金が大幅に安くなる可能性がある

柴山くん
料金が安くなるだけで嬉しいんですが、逆に注意点はありますか?

廉価版(低価格版)光回線のデメリット・注意点

標準タイプと低価格版の差を通信品質で付けている場合、回線速度が遅くなる

段階課金制の場合、使い方によっては、かえって料金が高くなる事がある

泊木所長
低価格版の光回線を検討する際、何が標準版と異なり安くなるのか?を把握する事が重要です。

わざわざ乗り換えたけど、回線が遅すぎてストレスを抱えてしまったり、料金がかえって高くなってしまった。という事のないようにしたいですね。

その他の格安で使える光回線をご紹介

その他の格安で使える光回線をご紹介

先にご紹介した光回線以外にも、リーズナブルな光回線は沢山あります。

基本的にNTT東西のフレッツ光を使用した、光コラボレーションモデルと呼ばれる光回線は、プロバイダー契約も不要で安価です。

泊木所長
最後に定価格でおすすめの光コラボ回線をご紹介します。
低価格でおすすめの光回線
サービス名月額料金
(税込)
enひかり3,520円〜
おてがる光3,608円〜
とくとくBB光3,773円〜

enひかり

enひかり

利用料金マンション:3,520円
戸建て:4,620円
回線速度1Gbps
契約縛り期間縛りなし

enひかりは株式会社緑人が提供する光コラボ回線です。

安定的な回線独度を実現しながら、業界最安値の光回線を謳うおすすめの回線です。

毎年、お夏の時期になると契約者にお中元が届く珍しい回線事業者です。

契約期間の縛りなし。

enひかり 公式サイト

おてがる光

おてがる光

利用料金マンション:3,608円
戸建て:4,708円
回線速度1Gbps
契約縛り期間縛りなし

おてがる光は、enひかりと並んで安価で人気のある光コラボ回線です。

どちらもほぼ同額の利用料金でサービス提供しています。

日本トレンドリサーチ社による2021年の調査で「料金満足度が高いと思う光回線」でNo.1を獲得しています。

契約期間の縛りなしで使えます。

おてがる光 公式サイト

とくとくBB光

とくとくBB光

利用料金マンション:3,773円
戸建て:4,818円
回線速度1Gbps
契約縛り期間縛りなし

GMOインターネットが提供する、とくとくBB光は、大手ISPならではの安心感で、2020年のオリコン顧客満足度調査でNo.1を獲得しています。

元々GMO光アクセスという商品名でしたが、とくとくBB光に名称を変更しました。

こちらも光コラボ回線で、契約期間の縛りなしで利用できます。

期間限定で高額キャッシュバックキャンペーンが行われることがあり、乗り換えにもおすすめできます。

とくとくBB光 公式サイト

まとめ

まとめ

泊木所長
最後にこの要点をまとめてみます
柴山くん
安く使いたい人は検討の価値ありですね

まとめ

  • 標準版とは何かしらの差別化を図り、標準版よりも安価な利用料金で販売している回線
  • 差別化の内容は商品によってさまざま
  • 料金が大幅に安くなる可能性がある
  • 使い方によっては、回線が遅すぎてストレスを抱えたり、料金がかえって高くなることも
  • 何が標準版と異なり安くなるのか?を把握する事が重要

人気記事大阪でおすすめの光回線6選を一挙公開!安い・速い光回線はどこ?

\ 当サイトおすすめ光回線 /

おすすめピックアップ

関西エリア在住の方におすすめ「さすガねっと」

さすガねっと

関西エリアにお住まいの方は、大阪ガスのインターネット「さすガねっと」がおおすめです。

対応エリアは、近畿24県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)

プランは3種類のプラン(めちゃはやプラン・はやとくプラン・とくとくプラン)から選べて、大阪ガスとセットで割引があります。

詳しくは以下の記事をご確認ください。

大阪でおすすめの光回線6選を一挙公開!

auひかり

【300×250】GMOとくとくBB auひかり(割引)

auひかりは、KDDIが独自に構築している回線網と各地域の電力系通信事業者の回線を利用しています。

安定した高速通信が可能で、サービス提供エリアも広いです。

代理店経由のお申し込みで、高額キャッシュバックがもらえる事もおすすめのポイントです。

NTT回線が提供エリア外の場合でも、auひかりなら利用できる可能性があります。

まずは提供エリア検索をしてみましょう。

ドコモ光

【300×250】GMOとくとくBB/ドコモ光接続サービス

ドコモ光は、NTT東西のフレッツ光回線を使用したプロバイダとセットのサービスです。(光コラボと言います)

光コラボは、別料金になっている事が多いプロバイダー料金がセットになっているため、比較的安価なことが特徴です。

NTTのフレッツ光を利用している方は、設備そのままで乗り換え可能なので、毎月の通信費削減にもなります。

スマホがdocomoの方は毎月のスマホ料金が割引になります。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、NTT東西のフレッツ光回線を使用した光コラボ回線です。

大きな特徴は、申し込みしてから開通までの期間が光回線の中でも比較的早く、開通するまでのネットが使用できない期間に、ポケットWi-Fiやホームルーターの貸し出しサービスがあります。

ソフトバンクのスマホ利用者は割引があるため、コスト面や通信品質面を見ても、ぜひ検討したい光回線です。

  • この記事を書いた人

ネット回線のリアル 編集部

無線・有線問わず、安くて速い最強のネット回線を選ぶためのリアルな情報を発信しています。編集長は、この道15年以上の現役通信技術者です。ネット回線の事なら全てお任せください。当サイトに関する詳細情報は運営者情報のページをご覧ください。

-回線選び・比較