回線選び・比較

auひかりはどんな光回線?口コミ・評判からメリット・デメリットまでを徹底解説

auひかりはどんな光回線?口コミ・評判からメリット・デメリットまでを徹底解説

泊木所長
こんにちは!auひかりの解説ページへようこそ!

本記事では、auひかりを検討している方向けに以下の疑問にお答えします。

ぜひ本記事を参考にauひかりを検討してみてください。

この記事で分かる事

  • auひかりってどんな光回線なの?
  • auひかりのメリット・デメリット
  • auひかりの口コミ・評判はどうなの?
  • auひかりはどうやって開通させるの?

お申し込みはこちら

トミー

この記事の監修者

トミー(@5150wireless

東京都出身、通信業界に18年身を置く現役の通信技術者です。
これまでに代理店での固定系回線販売や、ISPでのテクニカルサポート業務を経て技術畑に転身。
現在はモバイル通信のネットワークに関わる仕事に約15年従事しています。
このサイトでは、最適で快適な通信環境を整えるための情報を、簡潔に分かりやすく伝える事を心がけています。

auひかりとは?基本情報とおすすめな人

auひかりとは?基本情報とおすすめな人

泊木所長
auひかりはauのスマホを利用しているユーザーであれば最もおすすめの光回線です。

auユーザー向けの「auスマートバリュー」などの割引が適用され、一般ユーザーよりもお得に利用できます。

auひかりの基本情報は下記の通りです。

基本スペック
提供元KDDI株式会社
所在地東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号
ガーデンエアタワー
提供エリア北海道・東北・関東・中部・中国・四国・九州の一部エリア
通信速度1Gbps・5Gbps・10Gbps
(建物の配線方式によっては1Gbps未満の場合有り)
月額基本料金マンション:4,180円〜
戸建て:5,610円〜
初期費用事務手数料:3,300円
工事費
戸建て:最大41,250円
マンション:最大33,000円
契約期間2年・3年・縛りなし
違約金ずっとギガ得プラン:4,730円
お得プラン:2,730円

※表示は税込価格です

auひかりはKDDIが運営している光回線です。

大きな特徴としてauひかりはKDDIが独自に保有・運営している光回線であるということです。

ドコモ光やソフトバンク光、フレッツ光など、他にもさまざまな光回線がありますが、これらの回線はすべてNTTから回線を借りて運営を行い、ユーザーへと提供しています。

そのためauひかりはNTTの回線ではなく、KDDI独自の回線になるので、利用者数に余裕があり通信速度が安定しているとの声が多いです。

泊木所長
現在利用している光回線の「利用している通信速度が安定しない」「朝や夕方は遅くなってしまう」などを感じている人は、通信速度が安定しているauひかりはおすすめです。

auひかりの料金プラン

泊木所長
auひかりの料金プランは下記の通りです。

戸建てプランとマンションプランに分かれているので、きちんと確認しておきましょう。

auひかりのプラン(一例)
ずっとギガ得プラン
(3年契約)
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
ギガ得プラン
(2年契約)
5,720円
標準プラン
(契約期間なし)
6,930円

戸建てプラン

最もお得なのは「ずっとギガ得プラン」になります。

利用年数を重ねるほど、毎月の料金が100円ずつ下がっていくので非常にお得なプランになっています。

繰り返しになりますが、auひかりは長く利用することを想定しているので2年もしくは、3年以内に解約してしまうと違約金がかかってしまうなどのデメリットが発生するので注意が必要です。

デメリットが発生しないように契約時に計画的に結ぶことが大事になります。

マンションプラン

auひかりマンションプランの種類は下記の通りです。

タイプごとに細かく分かれているので、auひかり マンションで自身がどのプランに該当するかを押さえておきましょう。

建物の配線方式によってタイプが分けられていて、月額料金が若干異なります。

マンションタイプの提供型
タイプG■VDSLタイプ
5,720円 他
屋内配線がメタル回線(電話線)
下り最大664Mbps
タイプV■VDSLタイプ
4,510円 他
屋内配線がメタル回線(電話線)
下り最大100Mbps
都市機構■VDSLタイプ
4,180円 他
屋内配線がメタル回線(電話線)
都市機構G■VDSLタイプ
4,180円 他
屋内配線がメタル回線(電話線)
下り最大664もしくは100Mbps
タイプE■LAN配線方式
4,070円 他
屋内配線がLANケーブル
タイプF■光配線方式
4,290円
屋内配線が光ファイバー
ギガ■光配線方式
4,455円
屋内配線が光ファイバー
下り最大1Gbps
 ミニギガ■光配線方式
5,500円
3階建て以下でかつ総戸数8戸以上のマンション
屋内配線が光ファイバー
下り最大1Gbps
泊木所長
マンションプランは建物によって自動的にユーザーに割り当てられるので、自身で選択することはありません。

そのためau ひかりマンションで自身のプランがどこに該当するかを確認しておく程度になります。

auひかりホーム5ギガ・10ギガプラン

auひかりの最大通信速度が、5ギガ・10ギガと通常のプランよりも通信速度が高速になるプランです。(一部地域限定のプランです。)

通常料金に「高速サービス利用料」のオプションを追加する事で高速通信ができるようになっています。

高速サービス利用料

  • 5ギガ:+550円/月
  • 10ギガ:+1,408円/月
泊木所長
少額でさらに快適な通信環境が手に入ると考えると良心的な料金設定です。

オンラインゲームや、4K・8K動画視聴などの高速な通信速度を必要とする方におすすめです。

auひかりの利用が向いている人

泊木所長
ここまで見てきた中で、auひかりがおすすめなのは下記のような人になります。

こんな人におすすめ

  • auスマホユーザーの人
  • 安定して速い通信速度が欲しい人

auユーザーであればauひかりを最優先に検討していいでしょう。

また独自回線を利用しているため、安定して速い通信が利用できます。

通信速度にこだわりがあるという人にもauひかりはおすすめです。

auひかりのメリット

auひかりのメリット

泊木所長
auひかりのメリットは下記の通りです。

auひかりのメリット

  • 独自回線を利用しているため、高速通信で安定している
  • プロバイダーの選択肢が多い
  • auのスマホとセットで使うとお得になる
  • 乗り換え時の違約金を最大3万円まで負担してくれる
  • 工事費用が実質無料になる

独自回線を利用しているため、高速通信で安定している

繰り返しになりますが、auひかりの大きなメリットとして独自回線を利用していることが挙げられます。

なぜなら独自回線を利用していることで、他の光回線を利用しているユーザーと回線を共有することがないため、回線速度がいつでも快適になるからです。

NTTの回線を借りて、サービスを提供しているドコモ光やソフトバンク光は多くのユーザーが利用して混雑する可能性がauひかりよりも大きいです。

インターネットを多くの人が利用する時間帯である、朝の通勤時間帯や夜でも安定して利用ができるのは嬉しい点と言えるでしょう。

また通信速度も他の光回線サービスと比較しても、遜色ない通信速度です。

回線として優れていると言えるでしょう。

泊木所長
安定した通信の提供と高速通信の提供を掛け合わせているので、auひかりを利用すれば通信回線で悩むということがなくなります。

プロバイダーの選択肢が多い

auひかりでは自分の好きなプロバイダーと契約して利用することができます。

プロバイダーとは、回線をインターネットとして利用するために必要なものです。

auひかりでは下記の8社のプロバイダーから選択することができます。

auひかりのプロバイダー

  • GMOとくとくBB
  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty
  • @TCOM
  • DTI
  • Asahiネット
  • au one net

自身で懇意にしているプロバイダーがあれば、auひかりでも利用ができます。

「どのプロバイダーを選ぶかわからない」という方はキャッシュバックや利用料金から選択すると良いでしょう。

特典が大きいのは「GMOとくとくBB」か「So-net」なので、総合的な割引が大きいのが嬉しい人は「So-net」を選択すると良いでしょう。

また、キャッシュバックが大きいのが「GMOとくとくBB」です。

ドコモ光など他のプロバイダーも提供している実績もあるので安心感は抜群です。

泊木所長
どのプロバイダーを選んでもauひかりの通信速度には大きな差はありません。

しかし月額料金やキャッシュバックなどでは差がでてきますので、きちんと比較して選ぶことが大事になります。

他の光回線ではプロバイダーが1社に限定されているものなどもありますので、auひかりの選択肢の多さはメリットと言えます。

auのスマホとセットで使うとお得になる

auひかりはKDDIが提供している光回線のため、KDDIが提供しているスマホとセットで利用すると「auスマートバリュー」が適用されスマホの月額料金が安くなります。

auスマートバリューの割引額はプランによって異なりますが、最大1,100円の割引額になります。

またスマホの割引は1台だけではなく、家族でauを利用していれば家族分のスマホ全てが適用になります。

例えば家族4人で全員がauのスマホを利用していれば、1,100円×4人=4,400円が毎月割引になります。

年間に直すとスマホ代が52,800円割引になるので非常にお得と言えます。

auユーザーであればauひかりを利用することが、一番お得です。

乗り換え時の違約金を最大3万円まで負担してくれる

auひかりでは他社回線から回線を乗り換える時に「auひかり乗り換えスタートサポート」を利用して、違約金を最大3万円まで負担してもらえます。

そのため他社回線を利用していて、解約に違約金がかかる場合でも新スタートサポートによって相殺することが可能です。

それぞれauひかりでプロバイダーを選んだ際の適用額は下記の通りです。

auひかり乗り換えスタートサポート
対象プロバイダーau PAYへチャージ
au one net、@nifty、@TCOM、BIGLOBE、So-net最大30,000円
Asahi Net、DTI最大15,000円

「auひかり乗り換えスタートサポート」を利用するには適用条件があります。

適用条件は下記の通りです。

■auひかり乗り換えスタートサポート 適用条件

他社のご自宅のインターネットまたは他社ホームルーター・モバイルルーターからのauひかり「ずっとギガ得プラン+電話」に新規お申し込み

出典:auひかり 乗りかえスタートサポート

泊木所長
「auひかり乗り換えスタートサポート」を利用すれば、現在利用している回線の解約金などを気にすることなく乗り換えることができます。

違約金が相殺されるのは大きなメリットと言えるでしょう。

工事費用が実質無料になる

auひかりでは初期費用相当額割引キャンペーンの利用や選択したプロバイダーによって、工事費が実質無料になるキャンペーンが実施されています。

泊木所長
初期費用相当額割引キャンペーンは利用すると、工事費用が毎月の分割払いに適用され、その支払い分が割り引かれます。

割引は下記のようなイメージです。

ずっとギガ得プランの一例
(au one netの場合)
割引額(税込)
初月-1,194円
1ヶ月~34ヶ月目-1,178円
全期間合計-41,250円

参考:初期費用相当額割引:auひかり ホーム

通常、工事費用は契約期間内に月額基本料金に上乗せ請求されますが、工事費相当額が毎月割引されるキャンペーンです。

上記の例では通算41,250円分が割引され、工事費などの初期費用が相殺される仕組みです。

「契約期間内は使ってくれれば、工事費などの初期費用を実質無料」にしますという内容です。

auひかりを長く使いたいと考えている人は非常にお得になります。

なお契約期間満了前に解約してしまった場合には、残債が解約時に一括請求されるので注意が必要です。

そのため転勤などが多くある会社に勤める一人暮らしの方などは、事前に理解しておきましょう。

また、工事費無料キャンペーンは下記のプロバイダーを選択しても利用できます。

なお一定期間無料の場合やマンションタイプのみが無料になる場合もあるので、間違わないように注意が必要です。

キャンペーン提供プロバイダー

  • au one net
  • GMOとくとくBB
  • So-net
  • BIGLOBE

GMOとくとくBBであれば戸建てでもマンションでも工事費が実質無料になるので、おすすめです。

開通工事にかかる費用が無料になるのは、非常に嬉しい特典なので大きなメリットと言えます。

auひかりのデメリット

auひかりのデメリット

泊木所長
auひかりのデメリットは下記の通りです。

auひかりのデメリット

  • 利用エリアが限定されている
  • 解約事に回線撤去をしたい場合は費用がかかる
  • マンションの設備によって通信速度が左右される

利用エリアが限定されている

auひかりは全国で利用できる光回線ではありません。

auひかりがカバーしている範囲は日本全国70%程です。

利用可能エリアは「北海道・東北・関東・中部・中国・四国・九州エリア」となっています。

ドコモ光やソフトバンク光が95%以上をカバーしているのと比較すると見劣りしてしまうのがデメリットと言えます。

上記のエリアではauひかりが選択できないので、ドコモ光やNURO光などを選択することになるので事前に確認しておくといいでしょう。

泊木所長
また近畿地方ではauひかりは利用できませんが、電力系通信事業者(PNJ)のeo光を利用できます。

eo光は顧客満足度が高いのに加え、「auスマートバリュー」が適用されるなどauユーザーにとっては非常にお得な光回線となっています。

近畿地方に住んでいるのであれば、eo光を検討してみてください。

解約時に回線撤去をしたい場合は費用がかかる

auひかりを解約する際に、ご自宅に引き込まれた光ファイバーを撤去する場合有償となります。(残置も可能)

戸建て契約の場合は、撤去を希望した場合回線撤去費用がかかることを覚えておきましょう。

回線撤去費用

auひかりホーム 戸建て:31,800円(税込)

泊木所長
マンションタイプの場合は、撤去費用はかかりません。

auひかりは割引適用期間を見ても分かるように長期間、同じ場所で利用することを想定しています。

そのため借家の人などはauひかりには向いていないかもしれません。

マンションの設備によって通信速度が左右変わってくる

auひかりはVDSL方式のプランやギガプランなどの光配線方式など、住んでいるマンションによって通信速度が左右されます。

これは建物の設備の仕様による物で、建物の屋内配線方式がメタル配線方式(VDSL)や、LAN配線方式の場合、最大速度が100Mbpsまでしか出せないなど制限を受けます。(これはauひかりだけに限った話ではありません)

今、住んでいるマンションの設備や引越し先のマンションの設備がどの方式なのかはauひかり マンションに郵便番号を打ち込むか、都道府県検索をかければ簡単に知ることができます。

契約前に事前に確認しておくと良いでしょう。

auひかりの口コミ・評判は?

auひかりの口コミ・評判は?

泊木所長
auひかりの評判を集めてみました。

良い評判、悪い評判ともに挙げてみますので、ぜひ参考にしてみてください。

auひかりの良い評判・口コミ

泊木所長
通信速度が速い、安定しているなどは良い口コミとして多く挙げられています。

またセット割を利用してスマホ代が安くなって良いという口コミも多く挙げられていました。

独自回線で通信が安定して速いという実感を持っているユーザーは多そうです。

auひかりの悪い評判・口コミ

泊木所長
悪い評判には「通信障害でauひかりがよく止まってしまう」などが多く挙げられていました。

通信速度が遅いなどの口コミはありませんでしたが、通信障害が起こってしまうとネットはまったく繋げることができないので、復旧を待つしかありません。

台風などで通信障害が起きてしまう可能性なども考えておくと良いでしょう。

auひかりの口コミを投稿・確認する

4.0
Rated 4 out of 5
評価:50%
評価:4100%
評価:30%
評価:20%
評価:10%
Rated 4 out of 5
2022年11月20日

10年以上使っていますが特に不満に思った事はありません。通信障害も少なく快適に利用できていると思います。

ヤーマン

auひかり開通までの流れ

auひかり開通までの流れ

泊木所長
auひかりの開通までの流れを確認しましょう。

開通までの流れは下記の通りです。

開通の流れ

  1. 自身の住まいが対応エリアかを確認する
  2. プロバイダーを選択して、キャンペーンを適用する申し込み窓口から申し込む
  3. 基本情報を入力する
  4. 工事日を調整する
  5. 工事を行いauひかりを開通させる

実際に申し込みから開通までは戸建てで1〜2ヶ月、マンションで1ヶ月ほどとなっています。

しかし、引越し時期などの繁忙期は申し込みが立て込み、開通までさらに時間が必要な場合もあります。

そのため余裕をもって早めに行動することをおすすめします。

自身の住まいが対応エリアかを確認する

まずは自身のエリアでauひかりを利用できるかを確認します。

公式ホームページの「提供エリアの検索」から住居タイプと郵便番号を入力して確認しましょう。

マンションの場合は自身がどのプランが適用になるのかも確認することができます。

エリアが適用外の場合は「お客さまの地域で提供可能なマンションがありません」と表示されるので、表示された場合は他の光回線を選択しましょう。

プロバイダーを選択して、キャンペーンを適用する申し込み窓口から申し込む

対応エリアを確認してauひかりが問題なく利用できるのであれば、プロバイダーを選択して各窓口から申し込みましょう。

工事費やキャッシュバックなどを今一度、確認して申し込みをしましょう。

特典が大きくおすすめなのは「GMOとくとくBB」か「So-net」です。

基本情報を入力する

選択したプロバイダーのWebページから入力を進めていきます。

住所、氏名、電話番号、支払い情報などを入力していきますので、間違いがないように確認しながら行なってください。

また各プロバイダーのキャッシュバックや特典などがきちんと適用になっているかも合わせて確認するようにしましょう。

工事日を調整する

基本情報の入力が完了したら、登録した電話番号宛にKDDIから工事日の調整連絡がかかってきます。

その場で工事日の調整を行いましょう。

申し込む際に工事日の候補日を何日かピックアップしておくとスムーズにやりとりが進んでいきます。

工事を行いauひかりを開通させる

工事日は本人が確認ために立ち会う必要があります。

概ね2時間ほどの工事ですので予定を空けておきましょう。

工事が無事に完了したらauひかりが開通になります。

マンションタイプの場合は、工事作業員がご自宅に派遣されな「無派遣工事」で開通させるケースもあります。

無派遣工事の場合は、ONUやホームゲートウェイなどの回線終端装置がご自宅に配送されてきます。

ご自身で説明書の通りに設定を行えば、ネットが使えるようになります。

auひかりのONU

auひかりのONU

auひかりのよくある質問と回答

auひかりのよくある質問と回答

泊木所長
auひかりのよくある質問と回答を紹介します。

この他のご質問は、記事下のコメント欄から投稿をお願い致します。

よくある質問

  1. auひかりが提供エリア外だった場合は、どこの光回線にすればいい?
  2. 直接、auひかりについて聞ける窓口はありますか?

auひかりが提供エリア外だった場合は、どこの光回線にすればいい?

auひかりは全国どこでも利用できるわけではありません。

auひかりを利用したくてもできない場合もあるでしょう。

その場合はauユーザーであれば、auスマートバリューが適用になる「BIGLOBE光」や「So-net光」などがおすすめです。

光回線と同時にスマホ代を安くすることが可能です。

また、通信速度にこだわるのであれば、10Gbpsの光回線もおすすめです。

泊木所長
光回線を利用する際に自身の目的に合ったものを選ぶのがいいでしょう。

直接auひかりについて聞ける窓口はありますか?

「本記事を参考に気になった点を直接聞いてみたい」という方は、auひかりの総合窓口かauひかりの代理店窓口に連絡すれば直接聞くことができます。

おすすめはauひかりの総合窓口に直接問い合わせることです。

総合窓口であれば、auひかりの気になる点を全て聞くことができるからです。

気になる点があれば、下記の電話番号に連絡してみてください。

auひかり総合窓口

電話番号:0077-77(通話料無料)
営業時間:9:00~20:00(年中無休)

泊木所長
なおプロバイダーのキャッシュバックの条件などについては、各プロバイダーの電話番号へご連絡ください。

まとめ

まとめ

泊木所長
最後にauひかりの特徴をまとめます。

auひかりは、KDDIが独自回線を利用しているのは他の光回線にはない魅力と言っていいでしょう。

またauスマホとのセット割やプロバイダーのキャッシュバックなど、料金面でもお得に光回線を利用できるのも魅力的な点です。

auひかり特徴まとめ

  • 独自回線を利用しているため、高速通信で安定している
  • 利用エリアは限定されている
  • プロバイダーの選択肢が多い
  • auのスマホとセットで使うとお得になる
  • 解約時に回線撤去を希望する場合は有償


\ 高額キャッシュバック有り!/
auひかり
auひかり

他の光回線と比較してみる

ドコモ光auひかりソフトバンク光楽天ひかりNURO光ビッグローブ光

\ 当サイトおすすめ光回線 /

2022年7月の電気通信事業法改正について
2022年7月1日以降に締結した電気通信サービスに対する違約金は、月額料金を超えた請求をしてはいけないルールになりました。
同時に、契約期間満了後の工事残債や撤去費用の請求、契約解除手数料の請求もできなくなりました。
詳しくは、総務省公式サイトの電気通信事業法における消費者保護ルールをご確認ください。

光コラボがおすすめな理由

当サイトでは、一般的な利用であれば光コラボ回線を推奨しています。

光コラボ回線は、NTTの光ファイバーを使用し、料金はNTTのフレッツ光よりも安価な事が特徴の光回線です。

NTTの光ファイバー(光コラボ回線)を引いておく事によって、将来的に乗り換えをしたくなった場合でも、工事不要で簡単に会社間の乗り換えができる選択肢を作っておく事になります。

(光コラボ提供事業者間の乗り換えは、原則的に工事不要で乗り換え可能)

また、10Gbpsの高速光回線の提供も一部地域でスタートしているため、高速なネット環境を用意したい方にもおすすめです。

将来的な変化にも柔軟に対応可能

NTTの光ファイバーは日本で最もサービス提供エリアが広く、NTTの光ファイバーを使ってサービス提供をしている事業者(光コラボ回線事業者)はとても多いです。

大手通信会社が提供する光回線(ソフトバンク光楽天光ドコモ光ビッグローブ光)もNTTの光ファイバーを使用した光コラボ回線です。

スマホの会社と光回線の会社を合わせる事でスマホセット割引を適用させる事ができますが、スマホのキャリアを将来的に乗り換えた場合でも、光コラボ回線同士なら工事不要で簡単に乗り換えできます。

泊木所長
通信費をトータルで安く抑えるなら、スマホの通信キャリアと合わせるとお得!

セット割で毎月のスマホ料金が割引になります。

スマホキャリアセット割が使える回線
NTT docomoドコモ光ドコモ home 5G
au

UQ mobile

auひかりビッグローブ光So-net光プラスWiMAX+5G
SoftBankNURO光
Y!mobile
Rakuten Mobile楽天ひかり

ドコモ光

ドコモ光は、NTT東西のフレッツ光回線を使用したプロバイダとセットのサービスです。(光コラボと言います)

光コラボは、別料金になっている事が多いプロバイダー料金がセットになっているため、比較的安価なことが特徴です。

NTTのフレッツ光を利用している方は、設備そのままで乗り換え可能なので、毎月の通信費削減にもなります。

スマホがdocomoの方は毎月のスマホ料金が割引になります。

ビッグローブ光

【AT独占】ビッグローブ光(BIGLOBE光)

ビッグローブ光は、auスマホ・UQスマホ利用者のセット割引が適用される、光コラボ回線です。

ビッグローブはKDDIグループ企業ですが、回線にNTT東西のフレッツ光を利用しているため、auひかりとは異なるサービス提供エリアを持ちます。

現在、フレッツ光や他の光コラボ回線を利用されている方は、工事費不要で直ぐに乗り換え可能。KDDI系のスマホを利用されている方は、大幅な通信費削減が見込めます。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、NTT東西のフレッツ光回線を使用した光コラボ回線です。

大きな特徴は、申し込みから開通までの期間が光回線の中でも比較的早く、開通するまでのネットが使用できない期間に、ポケットWi-Fiやホームルーターの貸し出しサービスがあります。

ソフトバンクのスマホ利用者は割引があるため、コスト面や通信品質面を見ても、ぜひ検討したい光回線です。

  • この記事を書いた人

ネット回線のリアル 編集部

無線・有線問わず、安くて速い最強のネット回線を選ぶためのリアルな情報を発信しています。編集長は、この道15年以上の現役通信技術者です。ネット回線の事なら全てお任せください。当サイトに関する詳細情報は運営者情報のページをご覧ください。

-回線選び・比較
-