自宅のネット回線を節約する方法4選|年間で数万円安くなる方法も紹介

「ネット回線を安く済ませる方法はないかな?」

「通信費を見直したい!」

これからネットを契約するタイミングで、ネット回線の費用を安く済ませる方法を調べている人も多いのではないでしょうか?

「光回線にするか」「ポケットWi-Fiにするか」、どれが一番安くて快適かは、その人のライフスタイルで変わります。

自分に一番合ったものを選べば、「年間で数万円 安くなる」といった大幅な節約も十分に可能です。

泊木所長
当サイトでは、ご自身の生活に最適なネット回線選びのサポートをさせて頂きます。

契約のタイミングや、見直しを考えたタイミングで、自分に一番合ったネット回線を選んでいきましょう!

自宅のネット回線を節約する方法4選

  1. シンプルに「料金の安い光回線」に乗り換える
  2. 光回線とキャリアのセット割引を使う
  3. WiMAXでまるっと済ませる
  4. スマホのテザリングを活用する

① シンプルに「料金の安い光回線」に乗り換える

① シンプルに「料金の安い光回線」に乗り換える

まず定番の節約は、料金の安い光回線への乗り換えです。

料金の安い光回線として代表的なところでは以下が2つが挙げられます。

月額料金
マンションタイプ戸建てタイプ
So-net光プラス2,480円(2年間)3,480円(2年間)
enひかり3,300円4,300円

So-net光プラスは2年間は割引料金で、格安で利用できます。工事費やセキュリティサービスがコミコミでこの価格です。

一方で、契約期間の縛りがなく、月額料金も安い光回線として「enひかり」があります。

泊木所長
いつでも解約できるというところにメリットを感じる人は、こちらがおすすめです。
光回線のメリット・デメリットを解説!他の通信手段がおすすめな人も紹介

続きを見る

「フレッツ光⇒光コラボ」は手軽で効果大

ちなみにフレッツ光ユーザーなら、光コラボへの乗り換えなら、すでに導入済みの回線を転用でき、工事費は不要です。

光コラボは、NTT東日本・西日本のフレッツ光の回線網を借り受けて自社ブランドとして提供するサービスです。

So-net光プラスも、enひかりも光コラボです。

フレッツ光から光コラボに乗り換えれば、基本的に毎月の利用料金は安くなります。

光コラボならプロバイダ料金もコミコミになるので、その分も節約が可能です。

泊木所長
回線の転用については、こちらで詳しく解説しています。
光回線を工事不要で乗り換えられる条件は?具体的な方法も解説

続きを見る

高額キャッシュバックのある光回線も節約になる

また光回線の乗り換えでは、キャンペーンに注目する方もあります。

高額キャッシュバックのある光回線に乗り換えれば、月額料金が最安級でなくても、トータルの費用としては節約になります。

キャッシュバックに注目するなら、おすすめは「NURO光」です。

NURO光では、随時キャッシュバックなどのキャンペーンを実施しています。

通信速度は超トップクラスなので、節約を考えて光回線を選ぶ場合も、通信品質を落とさずに乗り換えできます。

泊木所長
節約だけでなく、乗り換え後の快適さにもこだわりたいなら、NURO光はかなりおすすめですね。
NURO光は選んでいいの?基本情報から口コミ・評判までを徹底解説!

続きを見る

② 光回線とキャリアのセット割引を使う

② 光回線とキャリアのセット割引を使う

ドコモ、au、ソフトバンクでスマホを契約中なら、真っ先に考えたいのが、光回線とのセット割の利用です。

とくに家族で同じキャリアを使っているなら、かなり大幅な割引が受けられます。正直、使わない手はありません。

各キャリアの光回線とのセット割をまとめると以下の通り。

各キャリアの光回線とのセット割

  • ドコモ「ドコモ光セット割」
  • au「auスマートバリュー」
  • ソフトバンク「おうち割光セット」
    ⇒家族全員のスマホ代が毎月 最大1,100円割引(税込)

たとえば、ドコモで家族4人でスマホ向けプラン「ギガホ」を契約すると、毎月4,400円の割引が受けられます。

光回線とのセット割で、光回線の月額料金の元がほとんど撮れてしまう計算です。

ドコモ光「マンションタイプ(1ギガ タイプA)」の月額料金が4,400円(税込)なので、契約プランによってはきっかり元がとれます。

泊木所長
毎月4千円ほど安くなると、年間で5万円程度の通信費の節約になります。これはかなり大きいですね。
auひかりはどんな光回線?口コミ・評判からメリット・デメリットまでを徹底解説!

続きを見る

ドコモ光の口コミ・評判と契約前に知っておきたい特徴を徹底解説!

続きを見る

③ WiMAXでまるっと済ませる

③ WiMAXでまるっと済ませる

自宅と外出先の通信を、まるっとWiMAXで済ませてしまう方法もあります。

わりとライトにネットを使いたい人におすすめの方法です。

「WiMAX」はポケットWi-Fiで一番有名なサービスです。とりあえずWiMAXを選んでおけば、失敗がありません。

WiMAXのギガ放題プランなら、通信は使い放題なので、光回線の代わりとして使っていくことができます。

これでまず光回線の料金分が節約できます。

加えて、スマホの通信費を抑えられるのがポイント。

外出の際もWiMAXを持ち歩いて、スマホで通信するために使えば、スマホの契約は一番安いプランで済みます。

つまり、スマホの通信費も節約が可能です。

泊木所長
WiMAXで「どれくらいの節約できるのか」を、実際に試算してみましょう。
光回線を利用WiMAXを上手く使う
光回線
毎月5,000円
WiMAX
毎月4,000円
スマホの通信費(大容量)
毎月8,000円
スマホの通信費(低容量)
毎月3,000円
通信費は合計で
毎月13,000円
通信費は合計で
毎月7,000円

自宅のネット回線こそ1,000円の節約に留まりますが、スマホも含めた通信費全体でみると、大きな節約が見込めます。

人によっては上記のケースのように、通信費全体で毎月6,000円ほどの節約も見えてきます。

WiMAXのデメリットもチェック

WiMAXのメリットを列挙しましたが、もちろん光回線に劣る点もあります。

光回線の代わりにWiMAXを選ぶと不便になる可能性がある点としては以下の2点。

通信速度が光回線よりは遅い
「3日で10GBまで」の制限がある

まず通信速度ですが、光回線には劣ります。

WiMAXも十分速いですが、「オンラインゲームを快適にプレイしたい」「少しでも通信速度を速くしたい」という人には不向きです。

また、WiMAXはギガ放題プランでも、3日で10GB以上使うと通信速度が最大1Mbpsに制限されます。

制限中もそこそこ速度は出ますが、体感できるぐらいには遅くなります。

3連休でたくさんネットを使ったりすると、制限が少し気になる可能性はあります。

泊木所長
ネットをガンガン使いたいという人には気になる点もあるので、このあたりは事前に確認が必要ですね。

おすすめのWiMAXプロバイダは「Broad WiMAX」

WiMAXを提供するプロバイダはかなり数が多いので、「どれを選べば良いのか迷ってしまう」ことも多いと思います。

おすすめは「Broad WiMAX」です。

シンプルに月額料金が安いことが魅力のプロバイダです。

結局はどこのプロバイダを選んでもサービス自体は、WiMAXとなるので、そこは変わりません。

なので、料金とキャンペーンを軸に選ぶのがWiMAXの場合にはベストになるかと思います。

Broad WiMAXは、ギガ放題プランが月額2,726円~と業界最安クラスです。

プラスして、「初期費用18,857円が割引」など派手なキャンペーンも実施しています、「お得に契約したい」という人にもおすすめできます。

泊木所長
WiMAXのプロバイダ選びで迷ったら、このあたりを注目してみると良いでしょう。

④ スマホのテザリングを活用する

④ スマホのテザリングを活用する

「自宅でネットはほとんど使わない」という人は、スマホのテザリングで済ませてしまうのも選択肢です。

テザリングは、スマホをWi-Fiルーターのように使える機能です。スマホからWi-Fiを飛ばして、パソコンやタブレットをネットに繋ぐことができます。

テザリングで自宅のネット回線を済ませてしまうなら、光回線の契約は必要なくなります。

光回線の料金分が節約でき、年間で5~6万円ほどの節約が可能です。

ただし、自宅に光回線を導入してしまう方がネット環境としては断然快適です。

泊木所長
あくまで、「自宅でネットをほとんど使わない」「たまにパソコンを少しだけ使う」という人向けの方法といえます。

スマホの通信費を見直すなら格安SIMも検討

テザリングを使ってスマホだけで通信を済ませるつもりなら、スマホ自体の料金を見直すとさらに通信費が節約できます。

スマホの通信費を節約する方法としては大きく2つ。

安いプランへ切り替える
格安SIMへ乗り換える

まず、一つが安いプランへ切り替える方法です。

あまり通信を使わないのに、大容量のプランで契約しているなら、ぜひ見直しをしたいところです。

最近ではドコモの新プラン「ahamo」を口火に、キャリアでも安いプランが登場する見込みなので、このあたりに注目ですね。

もう一つが、携帯電話会社の乗り換えです。大手キャリアから格安SIMへ乗り換えれば、月々3,000~5,000円程度の節約は十分に可能です。

また、格安SIMではないですが、新キャリアの楽天モバイルもお得です。

終了時期未定で、1年間は料金が無料になるキャンペーンも実施しているので合わせてチェックですね。

まとめ

まとめ

泊木所長
自宅のネット回線を節約する方法はあらためて以下の4つです。

自宅のネット回線を節約する方法4選

  1. シンプルに「料金の安い光回線」に乗り換える
  2. 光回線とキャリアのセット割引を使う
  3. WiMAXでまるっと済ませる
  4. スマホのテザリングを活用する

光回線を使うなら、安い光回線や、キャリアとのセット割引の使えるところへの乗り換えを考えてみましょう。

また、比較的ライトに使うなら、WiMAXやスマホのテザリングで済ます方法も、節約として有効です。

泊木所長
ぜひ自分に一番合ったネット回線の節約方法を見つけてみてくださいね!

\ 当サイトおすすめ光回線 /

NURO光

NURO光

NURO光は、北海道・関東・東海・関西・九州の一部地域限定ではありますが、安価な料金で最大2〜10Gbpsの高速通信を提供しているプロバイダーです。

物理的な光ファイバーはNTTからサービス卸を受け(ダークファイバーと言います)、ソニーネットワークコミュニケーションズが独自のブランディングで運営しています。

コスト面や通信品質面を見ても、サービス提供エリア内であれば、最初に検討したい事業者です。

 

auひかり

auひかりは、KDDIが独自に構築している回線網と各地域の電力系通信事業者の回線を利用しています。

安定した高速通信が可能で、サービス提供エリアも広いです。

代理店経由のお申し込みで、高額キャッシュバックがもらえる事もおすすめのポイントです。

NTT回線が提供エリア外の場合でも、auひかりなら利用できる可能性があります。

まずは提供エリア検索をしてみましょう。

ドコモ光

GMOとくとくBB-ドコモ光-

ドコモ光は、NTTのフレッツ回線をメインで使用したプロバイダとセットのサービスです。(光コラボと言います)

光コラボは、別料金になっている事が多いプロバイダー料金がセットになっているため、比較的安価なことが特徴です。

NTTのフレッツを利用している方は、設備そのままで乗り換え可能なので、毎月の通信費削減にもなります。

スマホがdocomoの方はスマホ料金が割引になります。

© 2021 ネット回線のリアル